トータルでデザインした、コンポジットファニチャーとその他

リビングのコンポジットファニチャー

コンポジットファニチャー(収納部側) W3907 D473 H1007
コンポジットファニチャー(デスク側) W2535 D473 H731
AVローボード W2768 D473 H576
レコードラック W660 D400 H2400
タモ・ホワイトアッシュ材 ウレタン塗装
横浜市磯子区 S,I邸
2016年10月31日製作

これいう家具は、何と呼べばいいのでしょうか?
最近、この様に色々な機能を一つにまとめた家具をデザインする事が多くなってきました。
これまでは複合した機能を羅列して呼んでいたのですが、ダラダラと長くなるだけでスッキリしません。
なので勝手に名前付けちゃおうと思います、コンポジットファニチャー(複合家具)でどうでしょう。

コンポジットファニチャー

老後を夫婦でゆったりと過ごしたいと考えたS,Iさんは、マンションをリフォームする事にしました。
内部をスケルトンにしてからレイアウトごと変更する大規模なリフォーム工事です。
そして、そこに設置する家具も理想的な物にしたいと考えていました。
しかし、収納する物や機能などの希望をリフォーム会社に伝えたものの、S,Iさんが満足する様な提案は出てきませんでした。
言われた事をそのまま形にしただけの家具で、とても魅力的なデザインとは思えなかったのです。
自分の思いを汲み取ってデザインしてくれる家具屋はないかと探し回って当店に辿り着きました。

リフォームの基本プランは、分割されていた部屋を一つにまとめて広いリビング・ダイニングにする事。
そこには、夫婦が別々に使える机があり、先立たれた娘さんの仏壇と思い出の品々を飾っておける場所が必要でした。
機能で区切ってプランを考えると、どうしても縦割りの家具を並べただけになってしまいがちです。
開放感のある空間を演出する為には、出来るだけ縦方向の分割を減らして、横方向に伸びるイメージのデザインにしたいと考えました。
そこで、広い西側の壁面とキッチン背面の壁を使い、L字型のカウンターが一続きになったプランを考えました。
天板にはホワイトアッシュの無垢材を使用し、カーブする部分は無垢材ならではの削り出しの加工です。
このカウンターがデスクの天板であり、収納部の天板になります。
カウンターの一番端の机が奥様用で、コーナー部分の机がご主人用です。
適度に距離をとって、それぞれが作業に集中し易い様に配慮しています。
収納部分はチェストタイプで、ここにはお嬢様愛用のバイオリンも仕舞われます。
チェストの上に引戸のガラスケースを載せました。
ここはお仏壇を載せる台になっていて、お参りし易い様に一段高くなっています。
ガラスケースにも思い出の品が飾られます。
この台は、壁に取り付けられた吊り棚と対になっていて、空に浮かぶ雲をイメージしました。

別角度から見たコンポジットファニチャー


AVローボード

W2768 D473 H576
タモ・ホワイトアッシュ材 ウレタン塗装

コンポジットファニチャーの反対側の壁に設置しました。
こちらも、コンポジットファニチャーと共通するデザインにしています。
天板には無垢材を使用し、本体から両サイドに飛び出るデザインです。
長さが2m70cm強と長い為、左の引出部分は別パーツとして分割した構造にしました。
特筆すべきは中央の格子扉で、フリッパー扉になっています。
フリッパー扉を収納する構造上、中央に仕切板を立てる事が難しいので、移動可能なコの字の棚を内部に設置しました。
コの字の棚にアンプなどの機器を載せ、残りのスペースにレコードプレーヤーを収納します。
レコードをかける時などは、扉を開放状態に出来るので、便利な方法だと思います。

AVローボード
AVローボード正面
フリッパー扉を開放した状態


レコードラック

W660 D400 H2400
タモ・ホワイトアッシュ材 ウレタン塗装

AVローボードの脇に寝室への入口があり、その並びにピアノがあります。
そのピアノと左壁との隙間に、天井高一杯の収納棚を設置しました。
ピアノの高さまでは引出収納とし、その上のオープン棚はレコードを収納します。
天井の梁に合わせて本体上部を欠き込みました。
ここはデザインと言うよりも機能重視ですね。
ピアノの上には、小物を飾れる小棚も取り付けました。

レコードラックとピアノと小棚

ホワイトアッシュの三人掛けデスクと書棚

ホワイトアッシュの三人掛けデスクと書棚

デスク W2210 D500 H700
書棚 W440 D387 H1800
ホワイトアッシュ材 白色着色 ウレタン塗装
横浜市神奈川区 F,Y邸
2016年10月14日製作

三人の子供達がリビングで勉強出来るようにと作ったデスクと書棚です。
リビングとダイニングの家具はウォルナットで統一されているのですが、こちら側まで濃い色にすると重い感じになってしまうのでは?という心配がありました。
そこで、フローリングの白っぽい色に合わせる事で家具の存在感を無くす事にしました。
この色あいのフローリングは最近多いですよね。
素材はホワイトアッシュ材を使用しました。
元々が白っぽい材料なので、多少の着色で綺麗な白い木を表現できます。

デスクには薄い引出を人数分の3杯付けました。
脚の強度を保つ為には幕板部分も必要なので、左右の引出は中央の引出より狭くなっています。
書棚の棚は一人一段づつ使う予定で、それ以外にプリンター収納もつけました。
下の扉部分の壁にはコンセントがありましたので、その部分はくり抜いて使える様になっています。
この中から配線穴を通して外に出す事ができる様になっていますので、余分なコードを隠す事もできます。

上方向から見たデスク
正面から見たデスクと書棚

デスクトップ用からノートパソコン用に机を作り替えた話

デスク1163

W1163 D600 H1732
サクラ材 アンティーク色 ウレタン塗装
横浜市中区 M,N邸
2016年9月1日製作

M,Nさんは使い勝手が悪い為、机を買い替える事にしました。
ノートパソコンを二台並べて使用する事から、幅を目一杯広くしたかった事が一番の理由ですが、その他にも問題があります。
M,Nさんが今まで使っていた机は市販のパソコンデスクなのですが、デスクトップパソコンを想定した作りの為、色々と不都合な状態になっていました。
デスクトップパソコンの場合、キーボードはスラドカウンターに載せて、引き出して使う事を前提にしています。
その為、この机でノートパソコンを使うと、天板は69cmと高過ぎますし、脚はプリンターにぶつかって奥まで入らないという事になります。
その状態で使用していた為、自宅での仕事が増えたM,Nさんは、腰痛に悩むようになったとの事です。
そこで、幅と奥行きを可能な限り広げた上、プリンターを右に寄せて脚の入るスペースを確保しました。
プリンターはスライド棚により、手前に引き出す事もできます。
デスク天板の高さは73cmにし、天板下には薄い引出も付ける事が出来ました。
良く使う本や書類は手近に置きたいですよね、その為の本棚も上部に取り付けました。
これで腰痛も良くなるんじゃないかな。

プリンター収納を引き出した所

L字型に配置したシンプルデスク2164&1250

二連のシンプルデスク

W2164 D550 H720
W1250 D550 H720
サクラ材 ウレタン塗装
横浜市港北区  K,S邸
2016年5月7日製作

こちらのお宅には10年前にもお邪魔した事があります。
その時の家主はお父様でした。
田舎に家を建てられたとの事で、そこで使う家具を自ら設計してご依頼下さいました。
そのお父様もお亡くなりになったとの事、驚きと同時に残念でなりませんでした。
今は娘さんご夫妻が暮らしていています。
今回はそのご夫妻からの依頼で、二人のお子様が一緒に居間で勉強出来るようにとリビングデスクをご依頼頂きました。
2164mm幅と1250mm幅の極シンプルなデスクをL字に配置して使います。
ゆったりした寸法なので、必要に応じて脇机などを追加する事も可能です。
素材は、リフォームした床材に合わせてサクラ材のクリアー塗装です。
シンプルなデザインですが、50φの丸脚にして優しい風合いに仕上げました。

L字型に配置したシンプルデスク

レトロスタイルのPCサイドボード

レトロスタイルのPCサイドボード

W1610 D450 H810
ウォルナット材 ウレタン塗装
川崎市高津区 I,T邸
2016年2月11日製作

TVローボードとPCサイドボードを作りたいと、I,Tさんは相談に来られました。
好みは、以前製作したミッドセンチュリーなローボードサイドボードとの事です。
寸法としてはこれらより少しサイズをダウンした形になりますので、バランスなどを考慮しながら設計を進めました。
本体の構造は、側板の方が天板・地板より上下に突き出た、ミッドセンチュリーで良く見られるスタイルです。
先のミッドセンチュリーなサイドボードでは真っ赤なオリジナル引手にしましたが、今回は北欧スタイルにする時に良く利用する細い木製引手を採用しアクセントにしました。
全体の構成は三分割の左右非対称です。
I,Tさんは当初シンメトリーな形にコダワリを持っていたのですが、ご提案したプランがピンとこず、最終的にこの形に落ち着きました。
描いてみると、案外イメージと違うと言う事もありますよね。
左扉内部は通常の可動棚が二段、中央扉内部は下段にスライド棚が設置してあり、プリンター収納になっています。
プリンターの上にも可動棚が一段入りますので無駄無く収納できます。
右側は深さ違いの引出し三段と、その上がパソコンデスクになっています。
上蓋を開け、スライド棚を引き出して使用します。
一緒に製作したTVローボードの記事はこちらです。

レトロスタイルのPCサイドボード
TVローボードとサイドボード

三段式のローボード・デスク・サイドボード&吊り戸棚

三段式のローボード・デスク・サイドボード

W7692 D440
ローボード  H420
デスク    H680
サイドボード H1000
ウォルナット+タモ ウレタン塗装
東京都目黒区 T,K邸
2015年12月11日製作

T,Kさんのお住まいは、新築のコーポラティブハウスです。
建築家の方がかなり凝った設計をされていて、この三段階で高さが変わる基本プランも設計事務所からの指定です。
細かな部分はT,Kさんと私の方で相談しながら決めていきました。
設置場所は、玄関から繋がる廊下を渡り、リビングダイニングの突き当りの壁までの7m70cmの長さです。
ローボードの段がおよそ2m幅で、デスクとサイドボードの段の幅が2m80cm強づつあります。
本体はウォルナットの横目ですが、見せ場である天板の高さ変化を強調する為、天板はタモの黒色にして素材感に変化をつけました。
また、天板の下側を斜めに削った面形状にして、段の接合部を45度にカットした留め加工にしました。
うねうねと繋がる連続性を表現出来たのではないでしょうか。

サイドボードの右端は玄関部分になる為、下駄箱と傘収納になっています。
デスク部分は、右の引出と左の収納棚に天板を渡すだけの形になっており、多少のコストダウンになっています。
ローボードの天板奥(テレビの後ろ部分)には間接照明を仕込みました。
ローボードは全てオープン棚になっているので、ここもコストダウンに繋がっていますが、ウーハーやデッキ類が収まれば格好よく見えますね。
吊り棚には収納の目的以外に、エアコンを目立たなくするカバーの目的があります。
とは言え、見えない位まで隠してしまうと、風が流れなくなってしまいますし、故障の原因になりかねません。
正面のルーバーだけでなく、上下にも開口部を設けるようにしました。
また、デスクの上に当たる収納部分の下部には、LEDのダウンライト2頭がついています。

凄くカッコ良かったのですが、荷物等があって良いアングルで写真を撮れなかったのが残念です。
(腕の問題かもしれませんが・・・)

ローボード・デスク・吊戸棚
正面から見た写真

時計修理机

時計修理机 ワゴンを引き出した写真

W1385 D700 H1100
ブナ材 ウレタン塗装
東京都台東区
2015年12月6日製作

とある時計販売会社さまより、時計修理用の机の注文を頂きました。
私は小さな蒸気機関車を自作する趣味を持っていますので、それ以上に細かい部品を扱う時計の修理用机というのは個人的にも興味深々です。
時計修理机の一番の特徴は何と言ってもその高さで、デスクトップまでの高さが1m5cmあります。
細かな部品を目の近くで組み立てる為、ここまでの高さが必要になります。
また、細かな部品はとても紛失し易く、ピンセットで掴み損なって何処かへ転げ落ちると、四次元の世界にでも迷い込んだがごとく見つかりません。(これは私の体験談です)
なので、この紛失対策も重要なポイントです。
天板の三方には転び止めを付けて対策しています。
左側の転び止めは、Zライトのクランプを留める為にそのスペース分を内側にズラしています。
面白かったのは、手前側の紛失対策に引出を利用している事です。
恐らく、これはこちらの会社の伝統的な使い方なのだと思いますが、天板下の引出を三分割し、全て引き出した状態で作業するそうです。
両サイドの引出に肘を載せ、中央の引出にパーツを置いて組み立てるそうです。
組み立て中のパーツを紛失しない為の工夫なのですね。
そして、安定性を確保する為に、あえてスライドレールを使わないのもお客様の注文でした。
更に、天板は白色のメラミン、引出の底板は白色のポリ板を使用しています。
白色にコダワルのは、小さなパーツを見やすくする為に必要な事なのだそうです。

膝を入れる部分の中間辺りに、スライドの棚を設けています。
これは、伝票などの事務作業をする時に引出して使います。
かなり変な位置にあるように見えますが、高さが70cmなので、この高さで普通のテーブルの高さなんですね。
この机が如何に高いか解りますよね。
左袖にはサイドテーブルとして使うワゴンを収納しています。
この下には個人のカバンなどを置くそうです。

合計10台ご注文頂き、大変有難いお仕事でした。
上段の引出を引き出した状態
時計修理机を並べた写真

ローボード・デスク・オープン棚を自然に融合させたリビングボード

リビングボード正面

W4800 D500 H1530
オーク材 ウレタン塗装
東京都渋谷区  S,O邸
2015年10月10日製作

以前にもデスク壁面収納を作らせて頂いたS.Oさんですが、同じマンションの別の棟に引っ越すからまた作って欲しいとご依頼を頂きました。
伺ってみると、以前の部屋よりかなり広く、前回作った家具を移設しても5mあるメインの壁が手つかずの状態です。
私としては作りたい様に作れる格好の機会です。
とは言え、これだけ広い壁をどうすれば良いのか?
テレビ台としての機能が必要なのは確かですが、5m一杯をローボードにしても単調になってしまいます。
壁のワイド感を活かしつつ変化のあるリビングボードにしたいと考えました。
そこで、以前より温めていたプランを提案してみる事にしました。
まず、構成要素は、ローボードと簡易デスクとオープン棚です。
これら高さも奥行きも違う要素を自然な形で繋げるのが狙いです。
ローボードの高さが45cm、デスクの高さは72cmに設定しました。
その差が27cmある訳ですが、この差をそのままオープン棚の間隔としてリピートさせます。
その事により、ローボードとデスクの段差は、ただの段差ではなくオープン棚の一部に成りかわる訳です。
奥行きも、ローボードは45cm、デスクが50cm、オープン棚が24cmと、それぞれ異なります。
デスクの天板はローボード方向に向かうにしたがって、カーブを描きながらオープン棚の奥行きへと変化させます。
デスクの直上の棚もそのままでは邪魔になりますので、同じ様にカーブを描く形で奥行きを無くすようにしています。
その更に上の棚下にはLEDのダウンライトを取り付け、デスクを照らす様にました。
デスクの下部分の壁には既存のコンセントがありましたので、その前に扉を付けて配線を隠せるようにしています。
どうです?正面から見ると、オープン棚とデスクの堺が曖昧で、一体化しているように見えますでしょ。
そのおかげでローボードとオープン棚との繋がりも自然に見えます。
物を飾ると更にカッコよくなるでしょう。

デスクとオープン棚部分デスク側から見たローボード

限られたスペースに、パソコン・プリンター・シュレッダー・その他諸々を収めた話

パソコンデスク

W900 D500 H1250
サクラ材 ウレタン塗装
川崎市中原区  K,N邸
2015年10月4日製作

K.Nさんのお住まいは一戸建てで、二階がリビング・ダイニングになっています。
リビングとダイニングは90cm程ずれた形で繋がっていて、そのダイニング側のずれた部分がご主人のパソコンスペースになっています。
今までは既成品のパソコンデスクを使っていたのですが、無骨な見た目で、物が収まりきっていない上に、配線がそこら中をはい回っていました。
ダイニングにはオシャレな壁紙も張られているのですが、このスペースが雑然としている為に台無しと感じていました。
そこで、オーダー家具なら何とかならないか?と当店にご相談に来られた訳です。
問題なのは、限られたスペースよりも収めなければならない物の方が多い事。
収めなければならない物は、モニター型のパソコンとキーボード・プリンター・大型のシュレッダー・ファックス・ルーターです。
それ以外に、本棚と、タブレット・スマホを置いておく場所も必要でした。
これは、普通に収めようとしても収まりません。
まず、一番に美観を損ねている原因は、配線類のゴチャゴチャです。
そこで、壁と家具の裏板の間に隙間を設けて、配線を隠す事にしました。
かさばるプリンターを脚元に置きましたが、爪先が入る分だけ浮かせ、その奥にコンセントタップやコードのゴチャゴチャを纏めて隠せる様に空間を設けました。
配線類が見えなくなった事でかなりスッキリ見える様になりました。
一番厄介なシュレッダーは側面の床に直置きです、元々キャスター付きなので、引っ張り出して使う事もできます。
(この場所の壁にはガス栓があり、繋ぐ時に移動します)
その上の余った空間は、可動棚を設けてタブレットを充電して置く場所としました。
ファックスを載せる為にパソコンの上に棚を設ける必要がありますが、この柱になる部分を有効活用して本棚にしました。
机の下には引き出しも一杯付いています。
ゴチャゴチャが解消し、落ち着くインテリアになりました。

パソコンデスク側面
シュレッダーを移動して、ガス栓が露出した所

大型プリンターを収納したリビングデスク

リビングデスク

W2188 D600 H720
ウォルナット材 ウレタン塗装
横浜市磯子区  H,K邸
2015年9月26日製作

H.Kさんのご依頼はダイニングテーブル脇にある2m18cmの凹んだスペースにピッタリ収まるリビングデスクです。
希望された条件は、床材やインテリにマッチするシンプルなデザインと色柄である事と、大型のプリンターを収納する事でした。
お伺いしてみると、ウォルナットの家具で統一されており、床材もそれに近い色合いでした。
その為、素材はウォルナットで決まりになりますが、H.Kさんからはコストを抑えたい意向もありましたので、突板を使った練り付け仕様で考える事にしました。
一つ問題だったのがプリンターです。
リビングルームには不似合いな程大きく、デスクの上に置いて使うには見栄えが悪すぎました。
そこで、右側の下にボックス型の収納庫を設ける事にしました。
面白いのは、表側に開口部を設けるのではなく、内側に開口部を設けた事です
この方法なら使い勝手も悪くないですし、コストも抑えられ、見た目もシンプルでスッキリしたデザインにする事ができます。
スライド棚に載せて居るので、メンテナンスの時は脚元側に引き出す事もできます。
プリンター上部の余ったスペースには可動棚を付けて有効活用しています。
更に、左側の壁にはコンセントがあたのですが、プリンターをスッキリ隠した以上、こちらもスッキリと隠したくなりました。
12cm強の厚みのある板脚に見せかけて、コンセント部分をカバーしました。
正面側に幅の狭い扉を付けましたので、後からコンセントの差し替えも出来ます。
配線も隠せたので、本当にスッキリして見えますね。
H.Kさんコダワリのインテリアにピッタリマッチさせる事が出来ました。

壁コンセント収納部プリンター収納部完成後の室内風景