L型の三連リビングボードと、洋室収納棚

L型三連リビングボード

L型三連リビングボード

ローボード W2100 D450 H500 (バックパネル高さ1260)
パソコンデスク W780 D450 H783 (バックパネル高さ1260)
収納棚 W692 D450 H2400
オーク材 クリアー ウレタン塗装
東京都江東区 K,A邸
2018年1月27日製作

老後の住まいとして横浜の一戸建てから都内のマンションに移り住む事にしたK,Aさん。
お子さんも独立し、夫婦二人が暮らすのに十分な広さという事で今までよりは大分狭いとの事です。
それでも、リバーサイドの高層階なので眺めは最高です。

狭くなる住まいで効率よく暮らす為、当初からオーダー家具の設置を考えていたようですが、マンション業者から提案されたプランは高い割に魅力的ではありませんでした。
「コストを抑えながら、魅力的なインテリアにするにはどうしたらよいか?」と考えていた時に見つけたのが、当店のオリジナルパソコンデスクです。
プリンターなどを収納しながらも、スライドカウンターを引き出す事で、パソコンデスクとしても使用できる点がK,Aさんの心に刺さりました。
続きを読む →

ご主人のパソコンをスッキリ収納、PCワゴンテーブル

PCワゴンテーブル

W700 D400 H710
オーク材 クリアーウレタン塗装
横浜市中区 W,M邸
2017年12月23日製作

お友達のご紹介で当店の事を知ったW,Mさん。
以前より不満だった件をオーダー家具で解決する事にしました。

それはご主人が使われているノートパソコン。
普段はダイニングテーブル脇のワゴンの上に載せられているのですが、他にもカバンや電源ケーブルな細々した物も置かれています。
余計な物を表に出しておかない方針のW,M邸において、この場所が唯一ゴチャついていて、何とかしたいと思っていたのです。

W,Mさんの希望は、ノートパソコンを中に仕舞ってテーブルトップには何も置かない状態に出来る事。
また、必要な時にはキャスターで移動が出来、そのままの状態でもインテリアにマッチするサイドテーブルの様なデザインです。
続きを読む →

デスクスペース付きダイニング壁面収納

デスクスペース付きダイニング壁面収納

W2004 D418 H2195
サクラ材 クリアー ウレタン塗装
横浜市港北区 T,K邸
2017年12月1日製作

T,Kさんのお宅はマンションの一階で、ワンちゃんも遊べるお庭付きです。
そのダイニングルームの壁面に設置する壁面収納が今回のお題。
奥様は収納力重視なのですが、幾つかの要望ポイントをお持ちです。
対してご主人は、単純な「のっぺら」な壁面収納になるのは嫌との事。
収納力を高めたいのであれば、壁面を何分割かに分けて単純に扉で閉じるのが一番ですが、それではご主人が納得しないという事で、この辺りのバランスが肝になります。
続きを読む →

トータルでデザインした、コンポジットファニチャーとその他

リビングのコンポジットファニチャー

コンポジットファニチャー(収納部側) W3907 D473 H1007
コンポジットファニチャー(デスク側) W2535 D473 H731
AVローボード W2768 D473 H576
レコードラック W660 D400 H2400
タモ・ホワイトアッシュ材 ウレタン塗装
横浜市磯子区 S,I邸
2016年10月31日製作

これいう家具は、何と呼べばいいのでしょうか?
最近、この様に色々な機能を一つにまとめた家具をデザインする事が多くなってきました。
これまでは複合した機能を羅列して呼んでいたのですが、ダラダラと長くなるだけでスッキリしません。
なので勝手に名前付けちゃおうと思います、コンポジットファニチャー(複合家具)でどうでしょう。

コンポジットファニチャー

老後を夫婦でゆったりと過ごしたいと考えたS,Iさんは、マンションをリフォームする事にしました。
内部をスケルトンにしてからレイアウトごと変更する大規模なリフォーム工事です。
そして、そこに設置する家具も理想的な物にしたいと考えていました。
しかし、収納する物や機能などの希望をリフォーム会社に伝えたものの、S,Iさんが満足する様な提案は出てきませんでした。
言われた事をそのまま形にしただけの家具で、とても魅力的なデザインとは思えなかったのです。
自分の思いを汲み取ってデザインしてくれる家具屋はないかと探し回って当店に辿り着きました。

続きを読む →

ホワイトアッシュの三人掛けデスクと書棚

ホワイトアッシュの三人掛けデスクと書棚

デスク W2210 D500 H700
書棚 W440 D387 H1800
ホワイトアッシュ材 白色着色 ウレタン塗装
横浜市神奈川区 F,Y邸
2016年10月14日製作

三人の子供達がリビングで勉強出来るようにと作ったデスクと書棚です。
リビングとダイニングの家具はウォルナットで統一されているのですが、こちら側まで濃い色にすると重い感じになってしまうのでは?という心配がありました。
そこで、フローリングの白っぽい色に合わせる事で家具の存在感を無くす事にしました。
この色あいのフローリングは最近多いですよね。
素材はホワイトアッシュ材を使用しました。
元々が白っぽい材料なので、多少の着色で綺麗な白い木を表現できます。

続きを読む →

デスクトップ用からノートパソコン用に机を作り替えた話

デスク1163

W1163 D600 H1732
サクラ材 アンティーク色 ウレタン塗装
横浜市中区 M,N邸
2016年9月1日製作

M,Nさんは使い勝手が悪い為、机を買い替える事にしました。
ノートパソコンを二台並べて使用する事から、幅を目一杯広くしたかった事が一番の理由ですが、その他にも問題があります。
M,Nさんが今まで使っていた机は市販のパソコンデスクなのですが、デスクトップパソコンを想定した作りの為、色々と不都合な状態になっていました。
デスクトップパソコンの場合、キーボードはスラドカウンターに載せて、引き出して使う事を前提にしています。
その為、この机でノートパソコンを使うと、天板は69cmと高過ぎますし、脚はプリンターにぶつかって奥まで入らないという事になります。
その状態で使用していた為、自宅での仕事が増えたM,Nさんは、腰痛に悩むようになったとの事です。
続きを読む →

L字型に配置したシンプルデスク2164&1250

二連のシンプルデスク

W2164 D550 H720
W1250 D550 H720
サクラ材 ウレタン塗装
横浜市港北区  K,S邸
2016年5月7日製作

こちらのお宅には10年前にもお邪魔した事があります。
その時の家主はお父様でした。
田舎に家を建てられたとの事で、そこで使う家具を自ら設計してご依頼下さいました。
そのお父様もお亡くなりになったとの事、驚きと同時に残念でなりませんでした。
今は娘さんご夫妻が暮らしていています。
今回はそのご夫妻からの依頼で、二人のお子様が一緒に居間で勉強出来るようにとリビングデスクをご依頼頂きました。
続きを読む →

レトロスタイルのPCサイドボード

レトロスタイルのPCサイドボード

W1610 D450 H810
ウォルナット材 ウレタン塗装
川崎市高津区 I,T邸
2016年2月11日製作

TVローボードとPCサイドボードを作りたいと、I,Tさんは相談に来られました。
好みは、以前製作したミッドセンチュリーなローボードサイドボードとの事です。
寸法としてはこれらより少しサイズをダウンした形になりますので、バランスなどを考慮しながら設計を進めました。
本体の構造は、側板の方が天板・地板より上下に突き出た、ミッドセンチュリーで良く見られるスタイルです。
先のミッドセンチュリーなサイドボードでは真っ赤なオリジナル引手にしましたが、今回は北欧スタイルにする時に良く利用する細い木製引手を採用しアクセントにしました。
続きを読む →

三段式のローボード・デスク・サイドボード&吊り戸棚

三段式のローボード・デスク・サイドボード

W7692 D440
ローボード  H420
デスク    H680
サイドボード H1000
ウォルナット+タモ ウレタン塗装
東京都目黒区 T,K邸
2015年12月11日製作

T,Kさんのお住まいは、新築のコーポラティブハウスです。
建築家の方がかなり凝った設計をされていて、この三段階で高さが変わる基本プランも設計事務所からの指定です。
細かな部分はT,Kさんと私の方で相談しながら決めていきました。
設置場所は、玄関から繋がる廊下を渡り、リビングダイニングの突き当りの壁までの7m70cmの長さです。
ローボードの段がおよそ2m幅で、デスクとサイドボードの段の幅が2m80cm強づつあります。
本体はウォルナットの横目ですが、見せ場である天板の高さ変化を強調する為、天板はタモの黒色にして素材感に変化をつけました。
また、天板の下側を斜めに削った面形状にして、段の接合部を45度にカットした留め加工にしました。
うねうねと繋がる連続性を表現出来たのではないでしょうか。

続きを読む →

時計修理机

時計修理机 ワゴンを引き出した写真

W1385 D700 H1100
ブナ材 ウレタン塗装
東京都台東区
2015年12月6日製作

とある時計販売会社さまより、時計修理用の机の注文を頂きました。
私は小さな蒸気機関車の模型を自作する趣味を持っていますので、それ以上に細かい部品を扱う時計の修理用机というのは個人的にも興味深々です。
時計修理机の一番の特徴は何と言ってもその高さで、デスクトップまでの高さが1m5cmあります。
細かな部品を目の近くで組み立てる為、ここまでの高さが必要になります。
また、細かな部品はとても紛失し易く、ピンセットで掴み損なって何処かへ転げ落ちると、四次元の世界にでも迷い込んだがごとく見つかりません。(これは私の体験談です)
なので、この紛失対策も重要なポイントです。
続きを読む →