壁付け棚板とキッチン収納棚

壁付け棚板

壁付け棚板 W948 D220 H35
収納棚   W948 D425 H940
オーク材 着色 オイル仕上げ
横浜市戸塚区  K,K邸
2016年6月29日製作

編集のお仕事をされているK,Kさん。
キッチンのしつらえにも並々ならぬコダワリがありした。
設置場所は1m幅と43cm幅がL字になった壁です。
K,Kさんがイメージしたのは、腰高のカウンターにレンジを載せ、その上のは棚板が壁に直付けされた形です。
壁付けの棚は、棚柱や棚受けの無いスッキリしたイメージです。
良く分かります、そういうインテリアの写真を良く目にするようになりました。
でも、支えの無い形の棚板は強度が無いので物を載せる事は出来ません。
この様な形で強度を持たせるには、壁内部の間柱に直接棚板を固定する必要があります。
すなわち、壁を壊さずに棚だけを後付けするという事は出来ないのです。
しかし、壁を一旦壊して作り直すとなるとコストも掛かりますし大変です。
ちなみに当店は内装業者ではありませんので、その様な作業は行えません。
ただ、K,Kさんの場合は気に入った食器などを飾る事が目的なので、それ程の強度は無くても良いとの事でした。
需要もある事なので、思い切って挑戦してみる事にしました。
私の考えた方法は、石膏ボード内に少し大きめの穴を開け、そこから特別に加工したL字の金具を差し込んで強度を補助する方法です。
正面方向からも間柱にネジ止めしますので、ある程度の強度は確保できたと思います。

もう一つのコダワリは「色と質感」
K,kさんにはイメージする色と質感があり、それを実現したいという願いがありました。
その為、色合いを相談し、オイルステインによる着色仕上げにする事にしました。
この仕上げはオイル以外の塗膜が出来ませんので、水には弱いです。
キッチンには不向きな塗装ですが、扱い方を心得ているK,Kさんなら上手く扱えるでしょう。
収納棚の上部は深めの引出一杯と、浅めの引出二杯です。
前板には無垢材を使用し、堀込引手を上側に加工する事で、木質感を強調する様に工夫しました。
下のオープンスペースは可動棚になっています。
調理道具や食材を仕舞うようです。
きっとオシャレに収納するんでしょうね。

「1800幅のカウンター下収納+小扉」と一緒に製作しましした。

壁付け棚板とキッチン収納棚
壁付け棚板とキッチン収納棚

1800幅のカウンター下収納+小扉

1800幅のカウンター下収納+小扉

W1985 D255 H798
メラミン合板(内部ポリ板)
横浜市戸塚区 K,K邸
2016年6月29日製作

K,Kさんのお宅のカウンター幅は1990mmあります。
壁側から10cmくらいの所にコンセントがあり、その真上に配線孔がある構造です。
カウンターの奥行きは28cm程度です。
奥行きが浅いですが、マンガや単行本を収納するには十分な奥行きです。
ただし、コストは極力抑えたいとの事なので、チョット工夫しました。
使用する合板はサブロク版と言う1800×900のサイズなのですが、今回は幅が2m弱ありますので寸法が足りません。
そこで、1800mm幅の4枚扉のカウンター収納を普通に製作し、足りない分は、200mm弱の小扉を側面に取り付けるだけの構造にしました。
ただし、小扉を付けただけでは、閉じた時に安定しませんので、戸当たりになる天板枠も取り付けています。
丁度、壁のコンセントと配線孔の位置になるので、配線のゴチャゴチャをカバーする為のスペースになりました。
また、扉の下は1cm程の隙間になっているので、差し込み口を隠しながらコードを引き出す事も出来ます。

一緒に製作した「壁付け棚板とキッチン収納棚」はこちら

壁コンセントを隠せる小扉の様子

コンソール860

コンソール860 正面

W859 D350 H810
ナラ材 ウレタン塗装
横浜市港南区 M,G邸
2016年2月24日製作

ダイニングテーブル脇の、窓に挟まれた狭い壁に設置する電話&ファックス台です。
設置場所の壁にはコンセントや電話線の差込口が中央の扉位置付近にありましたので、扉収納内の奥行きを35mm程浅く(裏板を手前側にずらした)して、コンセント類の差し込みスペースを作りました。
以前は、この差し込んだコンセントの前に家具を置いていましたので、壁と家具の間に大きな隙間が空いていました。
家具をピッタリ壁に付ける事が出来るようになり、ホコリの溜まりやすいコンセントもカバーする事ができました。
その他に小さな引出を6杯付けましたので、細々した物の整理に便利ですね。
それと、今回は引手の工夫してみました。
ロートアイアンのオーダーサービスを利用して、オリジナルの引手金具を作りました。
アップの写真を撮り忘れましたが、渋みのある質感が良くマッチしていましたよ。

コンソール860

リビングの間仕切りカウンター

リビングの間仕切りカウンター

W2421 D320 H1260
オーク材 ウレタン塗装
川崎市中原区 S,M邸
2016年1月24日製作

リビングを間仕切る為のカウンターです。
奥様の設計を形にした物ですが、以前に建築関係の仕事をされていたそうです。
S,Mさんのお宅では広いリビングダイニングを区切って、一部を寝室&ワークスペースとしても使っています。
これまではソファによって仕切られていましたが、それをより明確に仕切ろうという事です。
ただ、完全に壁にするのではなく、オープンの飾り棚による風通しの良い仕切方になっています。
この辺りの感覚は流石に建築関係の方ですね。
ソファが接する面はフラットなパネルにして、寝室側にグリッド状のオープン棚を設けています。
グリッドの中にピッタリと収まっている小引出は、無印の既製品を利用しています。
こういった小引出を一個づつオーダーで製作するとなると結構なコスト増になりますので賢い方法ですね。
側面側はガラス扉の飾り棚になっていて、内部も棚ガラスを使用しました。
開閉の為の引手は、目立たない様に側面に小さめの欠き込みを入れました。
上部のオープン棚部分は、仕切板に木とガラスを組み合わせて使っています。
側面にガラスの仕切板を持ってくる事で、お父様との思いでのドールハウスも綺麗に魅せる事ができています。
住まい方も含めて、センスの良さが光っていました。

間仕切りカウンター ソファ側
間仕切りカウンター 寝室側

N.Nさんのキュリオケース

キュリオケース

W654 D407 H1732
オーク材 ウレタン塗装
横浜市港北区 N,N邸
2015年10月18日製作

N.Nさんは以前より某老舗メーカーの家具を愛用しています。
同じ雰囲気のキュリオケースが欲しかったのですが、N.Nさんが希望するような商品は中々ありませんでした。
価値観の変化なのか、コストの問題なのか、キュリオケースという商品自体が最近は少なくなった気がしますね。
キュリオケースとは、正面と側面の三面がガラスになっている飾り棚の事。
その利点は、側面がガラスになっている事で、内部の隅々まで光が入り、収納物が綺麗に見える事です。
自分が気に入った物を飾るには最高です。
N.Nさんの希望は、某メーカーの雰囲気に合わせたデザインで、下部に引き出しが付いた物でした。
引出しはご主人とお子様用で、単行本が仕舞える深さにしました。
ご希望通りの良い雰囲気に仕上がりました。

キュリオ側面

人工大理石天板のキッチンカウンター

人工大理石のキッチンカウンター

W1820 D450 H938
サクラ材 ウレタン塗装
横浜市旭区 S,T邸
2015年10月12日製作

S.Tさんのお住まいは、木をふんだんに使ったコダワリの設計です。
当然、キッチンカウンターにもこだわります。
S.Tさんのオーダーは、圧迫感の無い背の低い収納。
キッチンで使う調理家電て多いですよね。
S.Tさんのお宅では、オーブンレンジ・トースター・パン焼き機・炊飯器・ポット・コーヒーメーカーと主要な機器が6台あります。
これらの機器は、S.Tさんがデザインも含めて吟味した家電製品です。
S.Tさんのイメージは、これらをカウンターの上に綺麗に並べて置く事で、美しく使い勝手の良いキッチン環境が出来るというもの。
そしてもう一つ、建物同様に素材感の良い物にしたいと事でした。
そこで、カウンター天板の素材は、熱や傷に強い人工大理石にしました。
人工大理石はコスト的には高くなりますが、普及タイプの白色なら比較的安い物があります、今回はそれを選びました。
本体はサクラ材を使用し、クリアーのウレタン塗装で仕上げました。
本体の右半分は三種類のゴミ箱収納です。
中央の縦長の扉は、上がコーヒーメーカーを収納するスライドカウンターで、下は開き扉になっています。
左側は高さの違う引出し収納で統一しました。
一番下の深い引き出しには仕切を設けて、大皿を縦に仕舞えるようにしています。
引出の高さを細かく変えたので、仕舞う物の大きさに合わせて効率良く収納する事ができますね。
カウンター上の小さな小窓がアクセントになっていてオシャレでした。
S.Tさんの思惑通り、素敵なキッチンになりましたね。

細かく高さを分けた引き出し
大きな引き出しと、コーヒーメーカー収納

マントルピース型ガラスキャビネット

マントルピース型ガラスキャビネット

W1300 D300 H950
オーク材 ウレタン塗装
横浜市神奈川区  G,Y邸
2015年10月3日製作

前回「ユニーク・リビングボード」を作らせて頂いたG.Yさんからダイニングテーブル脇に置くキャビネットのオーダーを頂きました。
前回苦労しただけあって今回も一筋縄では行きません。
G.Yさんのイメージはマントルピースを模したようなコの字型で、中央にガラスのキャビネットと引出、柱の部分はCDや文庫本の収納に使います。
あまり存在感を主張しないように、奥行きは浅くしたいとの事でした。
更に、天板には8mmの強化ガラスを使うのですが、この天板が扉の役目も担っていて、跳ね上げる事でキャビネット内の出し入れをします。
天板と正面ガラスのつなぎ目あたりに補強用のアングルの鋼材が入っていて、見えない様に裏側にLED照明を付けました。
キャビネットの下部分は幅広の引出しになっていて、スライドレール付きで引き出せるようになっています。
柱部分は正面が固定になっていて、収納の出し入れは側面の扉を開閉して行います。
奥行きが浅く上部が重たい為、家具としては不安定なので、柱の下部分に鉄板を仕込んで重しにしました。

キャビネットの内部
マントルピース型ガラスキャビネット

Y,Mさんのオーディオラック内蔵サイドボード&ランダムカウンターボード

オーディオラック内蔵サイドボード

サイドボード   W2729 D450 H1943
カウンターボード W180 D290 H843
サクラ材 ウレタン塗装
川崎市中原区  Y,M邸
2015年9月10日製作

Y,Mさんからのご依頼は、ダイニングテーブル脇の壁に設置するサイドボードとカウンターボードです。
ご夫婦それぞれにコダワリのポイントがありました。
ご主人のコダワリはもちろんオーディオの収納に関する事で、奥様のコダワリは収納力と遊び心。
サイドボードの方は、オーディオを収納しつつ収納力も充実させるのが目的です。
しかし、この様な場合オーディオの配線をどの様に行うか?という問題が起こります。
オーディオラック単体なら、動かして後ろに空きスペースを設けるなどして対処する事が出来ますが、長さが2m70cm強もあるサイドボードに組み込むとなると、配線をする作業スペースを設ける事も、家具自体を動かす事も出来ません。
そこで、サイドボードの本体を三分割した形にし、中央のオーディオラックだけはキャスターで引き出せる様にしました。
両サイドに無可動の収納を置き、その上に長さ2m70cm強の天板を載せています。
中央の空いたスペースにオーディオラックが納まる寸法です。

奥様の遊び心はカウンターボードで表現しました。
積層した棚板の間に、引出や扉の収納ボックスをランダムに配置し、オープンの空間を混ぜ込みました。
直前にテーブルが設置されるので、ほぼ隠れてしまうのですが、手の届く位置にある小さな引出やオープンスペースは、実用性にも富んでいると思います。

オーディオラックを引き出した所 ランダムカウンターボード 設置後の室内

S,HさんのL型壁面収納

L型壁面収納

W2590 D450 H2511
オーク材 ウレタン塗装
横浜市栄区 S,H邸
2015年9月6日製作

S,Hさんのご依頼は、ダイニング脇に設置するL型の壁面収納です。
収納力を重視したいとの要望でしたが、予算も重要です。
今回は、極力収納量を増やしつつ如何に予算内に納めるか?という葛藤でした。
まず問題になったのが、窓枠の位置が低すぎる点です。
窓枠の下端に合わせてカウンターの高さを決めてしまうと、見た目にも低すぎますし、収納力も確保できません。
また、カウンターから上の部分の高さを、歩留まりの良い1m80cm以内にする必要もありました。
その為カウンターの高さは、若干窓に被る高さで作る事にしました。
コストを抑える為、表から見えない内部は安いシナ材で仕上げました。
しかし、ただ安いだけの設計では折角作っても面白味がありませんので、二面をガラスにした飾り棚も組込みました。
側面もガラスになっている事で、窓からの光が内部にまで入り、飾り棚の中が明るく見えます。
写真では無垢材を使用した扉の木枠部分が濃く映っていますが、時間の経過とともに馴染んだ色に変化していきます。

飾り棚部分

食器棚 |オーダー家具 作例集

飾り棚風ダイニングボード

オーダーで製作した食器棚・カップボード等をまとめた「食器棚 作例集」です。
この他にも、
キッチンボード 作例集
飾り棚 作例集
コンソール 作例集
などがありますので、お見逃しなく。
新作については、キャビネット・カウンター新作オーダー家具のページでチェックして下さい。


高さが低いガラス引戸の食器棚

引戸食器棚

W1800 D500 H1100
オーク材 ウレタン塗装
横浜市港北区  K,K邸
2014年11月29日製作

家を新築されたK,Kさん、キッチンにはレンジ台を兼ねた食器棚を置く事にしました。
幅1800・高さ1100・奥行き500とたっぷり収納出来ます。
K,Kさんのご要望はとても明快で、極々シンプルなガラス引き戸という事でした。
90cm幅の2枚扉でも格好良いですが、使い勝手を考えるて60cm幅の3枚扉にしました。
中央の扉は左方向にのみ開きます。
この大きさのガラス扉となると結構な重さになるので、引戸のレールは、V溝の上を戸車が走るタイプの物を採用しました。
ガラスは飛散防止フィルム貼りです。
単純な形ですが、コレいいですね。シンプルなだけに和食器とか栄えそうです。
料亭の厨房にでもありそうな雰囲気を感じました。
やはりコンセプトの明快な家具魅力的に仕上がりますね。
他にもアークソファや、お嬢様の部屋のブックボードも作らせて貰ったのですが、お喋りしてて写真撮るの忘れたみたい。

引戸食器棚 引戸食器棚


薄型カップボード800

薄型カップボード

W800 D300 H1935
桜材 練り付け 一部 無垢材 ウレタン塗装
横浜市鶴見区  K,Y邸
2013年9月21日製作

中古物件をリフォームしたK.Yさん。
カップボードの設置場所が勝手口への通り道になっている為、市販品には無い薄型のカップボードがご希望でした。
問題になるのは、耐震性です。
奥行が30cmと薄い上に高さがありますので、そのままでは地震の時に倒れてしまいます。
その為、転倒しない様に建物の壁内の柱に木ネジで固定しました。
上台は戸車付きのガラス引戸、下台は開き扉のごくシンプルな構造にしました。
引戸は、開き扉に比べて物が飛び出し難いという利点があります。
デザイン的には極力シンプルに魅せたいとの事でしたので、引戸の引手は端を欠き込んだスッキリとしたデザインにしました。
開き扉の方は、上端を斜めに削った形で、上から指を掛ける方式にしました。
桜材のクリアー塗装仕上げと相まって、お部屋のイメージに合ったナチュラル感のある仕上がりになりました。

カップボードの引手 薄型カップボード


I.Mさんのカップボード900

カップボード

W900 D430 H1800
ナラ材 ウレタン塗装
横浜市港北区  I,M邸
2012年4月3日製作

転勤族とおっしゃるI.Mさん。
こだわった食器棚を持ちたいとの事でご依頼頂きました。
全体のイメージは北欧っぽいシンプルなスタイルですが、扉は使い易い引戸です。
中を隠してスッキリ見えるようにフラットな板戸にしました。
中の棚板はコルク貼りです。
お気に入りの和食器をしまう為、カウンター上の一部だけガラス扉にしました。
引戸の取っ手は迷いましたが、あまりシンプル過ぎてもつまらないので、角辺りに掘り込むデザインにしました。
いつもの事だけど、狭いキッチンで上手く写真が撮れないのが残念です。

食器棚


シェーカー風カップボード

シェーカー風カップボード

W878 D419 H2190
本体-ナラ 練り付け 前板・扉枠等一部-ナラ 無垢材 白着色ウレタン塗装
川崎市中原区  H,M邸
2009年1月27日製作

ナイトテーブルを作らせて頂いたお母様からのご紹介です。
お伺いしてみると、むむっ、アンティークテイストでまとめられていて、中々のインテリア好きの様です。
当初は、収納を増やす為の単純な収納戸棚をお考えでしたが、打ち合わせを進めていくうち徐々に変化が・・・。
しかし、あくまで補助的な家具なので主張しすぎない事が今回のテーマです。
そこで、ナラ材を白色に着色して風合いを残しつつ存在感を薄める事にしました。
デザインは他の家具との兼ね合いを考え、控え目なシェーカー風にする事で意見が一致しました。
中央のオープンは、見せる収納にして家具の存在感を和らげるのが目的です。
ここにキレイな色が入ると断然見栄えが違うんですよね。
シェーカー教徒によってデザインされた禁欲的な装飾は現代生活の中でも上手く馴染む事ができます。

カップボードのアップ


アンティーク仕上げのカップボード

カップボード

W885 D310 H1870
ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け アンティーク塗装
横浜市都筑区  F,M邸
2007年1月24日製作

F,Mさんからのご依頼は、キッチンカウンターと壁の間に空いたスペースにピッタリ納まるカップボードです。
仕事柄、世界各地に行かれる事が多く、土産物や記念品も綺麗に仕舞えるように、ガラス扉内はガラス棚にしてダウンライトを付けました。
現在お使いのオランダ製テーブルと、アフリカの民芸家具?のイメージを基にデザインを考えました。
厚みを持たせた側板や、オーソドックスな枠扉でオランダテーブルの重厚さを表現し、アフリカの素朴なイメージはクラッキング加工で表現する事にしました。
この家具の大きな特徴であるクラッキングと言われる加工は、特殊なカンナで無垢材の表面をわざと荒く削ずる技法です。
更にその表面にラッカーのアンティーク塗装を施し、重厚かつ素朴な質感に仕上げました。
クラッキングをする為には無垢材を多く使わなければなりませんし、加工は手で行うので、大変手間の掛かる贅沢な技法と言えます。

カップボード


カウンター一体型両面ハッチ

カウンター一体両面ハッチ

両面ハッチW815 D350 H2092 カウンターボードW1624 D228 H932
ナラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市港北区  T,K邸
2006年9月17日製作

T,Kさんは、新築のマンションを購入されました。広いLDKがお気に入りでしたが難点が一つありました。
LDKを一続きに広くする為にキチンとリビングを仕切る壁が取り除かれた間取りだったので、食器棚を置くスペースが僅かしかなく、食器を収納する場所が無かったのです。
T,Kさんの当初の考えは、カウンター周りに低いL字型の収納を作ってはどうかと言う物でした。
しかしお部屋を拝見した所、丸見えのキッチンを少し隠した方が良いのではと考え、天井までの両面ハッチで目隠しの役割を持たせる提案をしました。
キッチンから、子供の様子を見られる様にしてほしいとの奥様の要望で中央にはガラス扉を設けました。
おしゃれなグラスなどをしまって頂き、飾り棚を兼ねた使い方がイメージです。
設置後はキッチンのゴチャゴチャ感が隠されて、リビング・ダイニングが部屋らしく落ち着いて見えます。
(設置前の写真と見比べてみて下さい)

キッチン側かた見た状態

両面ハッチ

カウンター一体型両面ハッチ
設置後の状態
設置前の状態
設置前の状況

飾り棚風のダイニングボード

飾り棚風ダイニングボード

W1800 D450 H1810
本体-ナラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市港北区  T,K邸
2005年8月5日製作

T,Kさんのご依頼は、ダイニングスペースに置く飾り棚を兼ねた収納です。
下台部分は収納重視の設計ですが、上台部分は横長のガラスケースとオープン棚を組み合わせた華やかなデザインにしました。
オープン部分には、インテリアにもなるお洒落なコーヒーメーカーが置かれます。
家具の直前には、テーブルの短手部分が家具に接するように置かれる為、下台の扉は開閉の為のスペースを必要としない引戸にしました。
取り付け位置がテーブルの高さより上になる引出しの一部には、ノートパソコン用のスライドカウンターも付けました。
スライドカウンターを引き出せば、テーブルに座った状態で体の向きを変えるだけでパソコンが出来るという訳です。
下台の右下は、ワゴンの様に引き出せる米櫃収納になっています。

飾り棚風ダイニングボード