デスクスペース付きダイニング壁面収納

デスクスペース付きダイニング壁面収納

W2004 D418 H2195
サクラ材 クリアー ウレタン塗装
横浜市港北区 T,K邸
2017年12月1日製作

T,Kさんのお宅はマンションの一階で、ワンちゃんも遊べるお庭付きです。
そのダイニングルームの壁面に設置する壁面収納が今回のお題。
奥様は収納力重視なのですが、幾つかの要望ポイントをお持ちです。
対してご主人は、単純な「のっぺら」な壁面収納になるのは嫌との事。
収納力を高めたいのであれば、壁面を何分割かに分けて単純に扉で閉じるのが一番ですが、それではご主人が納得しないという事で、この辺りのバランスが肝になります。
続きを読む →

壁付け棚板とキッチン収納棚

壁付け棚板

壁付け棚板 W948 D220 H35
収納棚   W948 D425 H940
オーク材 着色 オイル仕上げ
横浜市戸塚区  K,K邸
2016年6月29日製作

編集のお仕事をされているK,Kさん。
キッチンのしつらえにも並々ならぬコダワリがありした。
設置場所は1m幅と43cm幅がL字になった壁です。
K,Kさんがイメージしたのは、腰高のカウンターにレンジを載せ、その上のは棚板が壁に直付けされた形です。
壁付けの棚は、棚柱や棚受けの無いスッキリしたイメージです。
良く分かります、そういうインテリアの写真を良く目にするようになりました。
でも、支えの無い形の棚板は強度が無いので物を載せる事は出来ません。
この様な形で強度を持たせるには、壁内部の間柱に直接棚板を固定する必要があります。
すなわち、壁を壊さずに棚だけを後付けするという事は出来ないのです。
しかし、壁を一旦壊して作り直すとなるとコストも掛かりますし大変です。
ちなみに当店は内装業者ではありませんので、その様な作業は行えません。
ただ、K,Kさんの場合は気に入った食器などを飾る事が目的なので、それ程の強度は無くても良いとの事でした。
需要もある事なので、思い切って挑戦してみる事にしました。
続きを読む →

1800幅のカウンター下収納+小扉

1800幅のカウンター下収納+小扉

W1985 D255 H798
メラミン合板(内部ポリ板)
横浜市戸塚区 K,K邸
2016年6月29日製作

K,Kさんのお宅のカウンター幅は1990mmあります。
壁側から10cmくらいの所にコンセントがあり、その真上に配線孔がある構造です。
カウンターの奥行きは28cm程度です。
奥行きが浅いですが、マンガや単行本を収納するには十分な奥行きです。
ただし、コストは極力抑えたいとの事なので、チョット工夫しました。
使用する合板はサブロク版と言う1800×900のサイズなのですが、今回は幅が2m弱ありますので寸法が足りません。
そこで、1800mm幅の4枚扉のカウンター収納を普通に製作し、足りない分は、200mm弱の小扉を側面に取り付けるだけの構造にしました。
ただし、小扉を付けただけでは、閉じた時に安定しませんので、戸当たりになる天板枠も取り付けています。
続きを読む →

お仏壇台・キャビネット・小引出ワゴン

お仏壇台

お仏壇台 W900 D480 H850
キャビネット W900 D480 H850
小引出ワゴン W500 D360 H635

サクラ材 指定色 ウレタン塗装
横浜市神奈川区 A,K邸
2016年6月4日製作

A,Kさんのお住まいは、リビングとダイニングが並んだ一般的な間取りの一戸建てです。
ただ、ダイニングがやや狭めで、お気に入りのダイニングテーブルはリビング側に置かれています。
その為もあってか色々と納まりが悪く、お仏壇はカウンター脇の狭いスペースに押し込まれた形になっていました。
頭を悩ませたA,Kさんが出した結論は、新たにお仏壇を置く台とそれと対になるキャビネットをリビング側に新設する事でした。
今までリビング側に置かれていたキュリオケースはダイニング側に移動させる為、リビングとダイニングの入れ替わりをより進めた形になります。
続きを読む →

コンソール860

コンソール860 正面

W859 D350 H810
ナラ材 ウレタン塗装
横浜市港南区 M,G邸
2016年2月24日製作

ダイニングテーブル脇の、窓に挟まれた狭い壁に設置する電話&ファックス台です。
設置場所の壁にはコンセントや電話線の差込口が中央の扉位置付近にありましたので、扉収納内の奥行きを35mm程浅く(裏板を手前側にずらした)して、コンセント類の差し込みスペースを作りました。
以前は、この差し込んだコンセントの前に家具を置いていましたので、壁と家具の間に大きな隙間が空いていました。
家具をピッタリ壁に付ける事が出来るようになり、ホコリの溜まりやすいコンセントもカバーする事ができました。
その他に小さな引出を6杯付けましたので、細々した物の整理に便利ですね。
続きを読む →

リビングの間仕切りカウンター

リビングの間仕切りカウンター

W2421 D320 H1260
オーク材 ウレタン塗装
川崎市中原区 S,M邸
2016年1月24日製作

リビングを間仕切る為のカウンターです。
奥様の設計を形にした物ですが、以前に建築関係の仕事をされていたそうです。
S,Mさんのお宅では広いリビングダイニングを区切って、一部を寝室&ワークスペースとしても使っています。
これまではソファによって仕切られていましたが、それをより明確に仕切ろうという事です。
ただ、完全に壁にするのではなく、オープンの飾り棚による風通しの良い仕切方になっています。
この辺りの感覚は流石に建築関係の方ですね。
続きを読む →

N.Nさんのキュリオケース

キュリオケース

W654 D407 H1732
オーク材 ウレタン塗装
横浜市港北区 N,N邸
2015年10月18日製作

N.Nさんは以前より某老舗メーカーの家具を愛用しています。
同じ雰囲気のキュリオケースが欲しかったのですが、N.Nさんが希望するような商品は中々ありませんでした。
価値観の変化なのか、コストの問題なのか、キュリオケースという商品自体が最近は少なくなった気がしますね。
キュリオケースとは、正面と側面の三面がガラスになっている飾り棚の事。
その利点は、側面がガラスになっている事で、内部の隅々まで光が入り、収納物が綺麗に見える事です。
自分が気に入った物を飾るには最高です。
続きを読む →

人工大理石天板のキッチンカウンター

人工大理石のキッチンカウンター

W1820 D450 H938
サクラ材 ウレタン塗装
横浜市旭区 S,T邸
2015年10月12日製作

S.Tさんのお住まいは、木をふんだんに使ったコダワリの設計です。
当然、キッチンカウンターにもこだわります。
S.Tさんのオーダーは、圧迫感の無い背の低い収納。
キッチンで使う調理家電て多いですよね。
S.Tさんのお宅では、オーブンレンジ・トースター・パン焼き機・炊飯器・ポット・コーヒーメーカーと主要な機器が6台あります。
これらの機器は、S.Tさんがデザインも含めて吟味した家電製品です。
S.Tさんのイメージは、これらをカウンターの上に綺麗に並べて置く事で、美しく使い勝手の良いキッチン環境が出来るというもの。
そしてもう一つ、建物同様に素材感の良い物にしたいと事でした。

続きを読む →

マントルピース型ガラスキャビネット

マントルピース型ガラスキャビネット

W1300 D300 H950
オーク材 ウレタン塗装
横浜市神奈川区  G,Y邸
2015年10月3日製作

前回「ユニーク・リビングボード」を作らせて頂いたG.Yさんからダイニングテーブル脇に置くキャビネットのオーダーを頂きました。
前回苦労しただけあって今回も一筋縄では行きません。
G.Yさんのイメージはマントルピースを模したようなコの字型で、中央にガラスのキャビネットと引出、柱の部分はCDや文庫本の収納に使います。
あまり存在感を主張しないように、奥行きは浅くしたいとの事でした。
更に、天板には8mmの強化ガラスを使うのですが、この天板が扉の役目も担っていて、跳ね上げる事でキャビネット内の出し入れをします。
天板と正面ガラスのつなぎ目あたりに補強用のアングルの鋼材が入っていて、見えない様に裏側にLED照明を付けました。
続きを読む →

Y,Mさんのオーディオラック内蔵サイドボード&ランダムカウンターボード

オーディオラック内蔵サイドボード

サイドボード   W2729 D450 H1943
カウンターボード W180 D290 H843
サクラ材 ウレタン塗装
川崎市中原区  Y,M邸
2015年9月10日製作

Y,Mさんからのご依頼は、ダイニングテーブル脇の壁に設置するサイドボードとカウンターボードです。
ご夫婦それぞれにコダワリのポイントがありました。
ご主人のコダワリはもちろんオーディオの収納に関する事で、奥様のコダワリは収納力と遊び心。
サイドボードの方は、オーディオを収納しつつ収納力も充実させるのが目的です。
しかし、この様な場合オーディオの配線をどの様に行うか?という問題が起こります。
オーディオラック単体なら、動かして後ろに空きスペースを設けるなどして対処する事が出来ますが、長さが2m70cm強もあるサイドボードに組み込むとなると、配線をする作業スペースを設ける事も、家具自体を動かす事も出来ません。
続きを読む →