サイドボード型電子ピアノ台

サイドボード型電子ピアノ台

W1180 D450 H800
サクラ材 クリアー ウレタン塗装
東京都世田谷区 N,M邸
2018年8月7日製作

並べ替えが出来る様に、幾つかのユニットに分けて製作した家具の一部で、キーボードを収納できるサイドボードユニットです。
他のユニット部分はまた別の機会に記事にしたいと思います。

ネットで検索で、当店の電子ピアノ台を見つけて依頼して下さいました。
N,Mさんの希望は、とにかくスッキリとした見た目にしたいと言う事。
その為、他のユニットと出来るだけ共通化させる必要があります。
隣に同じ形式のパソコンデスクが並んでいるのですが、これと扉の高さ寸法を揃える事にしました。
下部は脚になっているので、演奏中も爪先が家具に当たる事がありません。
キーボードは、天蓋とフラップ扉を開けた後、スライドカウンターを引き出して使用します。
スライドレールはベアリングタイプの物を使用。
このレールは、引き出した時に簡易的なキャッチ機能が付いているので、演奏中に動いてしまう事はありません。
キーボードを載せるスライドカウンターの高さは67cmになりました。
演奏中の高さは、椅子などでも調整できるので気にならないとの事でしたので、家具都合で決めました。
家具全体の高さが窓の高さに合わて80cmと決まっているので、キーボードの厚みが納まるギリギリの高さです。
困ったのが譜面台。
今までのピアノ台でしたら、天蓋の下に部材を取り付けて譜面台にするのですが、高さ寸法に余裕が無い為取り付ける事ができませんでした。
更に考えてみると、今までのタイプと違いキーボードを引き出して使うので、譜面台が遠くなってしまうという問題もありました。
そこで、スライドカウンターに可倒式の譜面台を付ける事にしました。
譜面台の厚みを極力薄く作る事で何とか問題をクリアーできました。
キーボードの下は,高さ内寸44cmの扉収納ですが、幅が1m20cm弱ありますから結構な量を収納できます。
電子ピアノの下が無駄だな~とお考えの方は如何ですか、こんな解決策もあるんですよ。

参考価格 ¥241,000 ※製作当時の価格です、価格は変わる可能性があります。

電子ピアノ台 譜面台を閉じた写真電子ピアノ台 前扉を閉じた状態
電子ピアノ台 天蓋を閉じた状態

こちらのページもご覧ください