お菓子入れをプラスしたカウンターボード

お菓子入れのあるカウンターボード

W1300 D298 H1000
サクラ材 アンティーク色 ウレタン塗装
横浜市港北区 K,F邸
2018年5月25日製作

ご近所の新しいマンションに引っ越されてきたK,Fさん。
ご依頼はキッチンとダイニングテーブルの間に置くカウンターボードです。
現在はオープンラックを古新聞入れとして使い、その上にカゴに入れたお菓子や果物を載せています。
普段の生活では使い易いのですが、見栄えが悪いという事でオーダーする事にしました。

設置する壁には点検口のついた柱があり、奥行きはこの柱に合わせました。
高さはキッチンのカウンターに合わせたくなる所ですが、ダイニングテーブルの高さに合わせて680mmにしました。
幅や高さはK,Fさんの希望で、これはK,Fさんが実際の生活から丁度良いと感じた大きさです。

カウンターボードの前にテーブルがある事から、扉は引戸を採用。
三枚扉のうち柱側が古新聞収納です。
開き扉と違い、開閉の為のスペースが必要ないので、椅子に座ったまま古新聞を仕舞う事ができます。

カウンターの上には、ポットや急須などのお茶セットの他、電話やラジカセなどを置きたいとの事でしたが、折角ならチョットした飾りも置けるオープン棚を付けたいという話しになりました。
それならという事で、左半分が吊り引戸になった棚をプラスする事にしました。
引戸の中はお菓子入れです。
引戸なので、開けっ放しにしておいて、欲しい時に摘まむ事もできます。

オープン棚の高さは、柱の反対側にある既存の固定棚の高さに合わせました。
色は既存の家具に合わせてアンティーク色で仕上げました。

参考価格 ¥144,000 ※製作当時の価格です、価格は変わる可能性がります。

こちらのページもご覧ください