壁コンセントをカバーする簡素なテレビ台

壁コンセントをカバーする簡素なテレビ台

W700 D450 H350
タモ材 ワックス仕上げ
川崎市中原区 M,M邸
2016年9月19日製作

M,Mさんのお宅は新築でなかなかオシャレな設計です。
玄関を入ってすぐがダイニングキッチンになっていて、玄関の脇にはシナ合板を使った簡素な収納棚が造り付けられています。
テレビ台を設置する場所はこの収納棚の隣で、間仕切り用レールとの隙間にあたるスペースです。
この場所の壁にマルチコンセントがあり、ピッタリの寸法の極シンプルなテレビ台を作る事で、ゴチャゴチャの配線類をカバーしてしまおうという狙いです。
引き出しの奥がコンセントの位置になり、その分引出の奥行きは浅くなっています。
素材に拘りたいM,Mさんですが、正直に言ってお金をかけたい部分でもありません。
そこで、使用中のダイニングテーブルと同じタモ材を使った練り付け仕様とし、ワックスによる仕上げでナチュラル感を出しました。

作り付けの棚と並ぶテレビ台

こちらのページもご覧ください