コーナーテレビ台 |オーダー家具 作例集

角度30度のコーナーテレビ台

オーダーで製作したコーナーテレビ台をまとめた、「コーナーテレビ台 作例集」のページです。

この他にも、
大型サイズの、ローボード 作例集
中型サイズの、テレビボード 作例集
小型サイズの、テレビ台 作例集
などがありますのでお見逃しなく。

この作例集の後に製作した新作については、ローボードオーダー家具のページでチェックしてみて下さい。


M,Jさんのアルバムラック型コーナーテレビボード

アルバムラック型コーナーテレビボード

W2400 D800 H485
合板材 ウレタン塗装
東京都板橋区  M,J邸
2015年1月20日製作

M,Jさんの追加のご注文で、書斎家具の向かいの壁に設置しました。
仕事で作成したアルバムを主に収納する事になります。
思い出の品でもあるので、ディスプレーラックのようにして飾れるようにしました。
DVDなどはほとんど見ないとの事なのでコーナー部分は板戸の収納になりました。

アルバムラック型コーナーテレビボード ディスプレー扉を跳ね上げた所


N,Tさんの、柱分を欠き取ったコーナーテレビ台

柱欠きコーナーテレビ台

W950 D950 H500
アッシュ材 ウレタン塗装
横浜市港北区  N,T邸
2014年10月31日製作

N,Tさんはマンションにお住まいなのですが、テレビを置きたい場所には柱が立っており、市販のコーナーテレビ台では設置する事が出来ません。
ポイントは、①柱部分を欠き取る事。②窓までの壁幅に収まる大きさにする事。③録画機器が載せられる事。④シンプルな脚構造のデザインである事。
前縁をラウンドさせた形にする事で、柱分を欠き取とる事で失ったデッキ収納のスペースを確保しました。
圧迫感が無くスッキリと収める事ができました。

柱欠きコーナーテレビ台


O,Yさんのコーナーテレビボード

コーナーテレビボード

W1060 D870 H480
ナラ材 ウレタン塗装
横浜市港南区  O,Y邸
2013年4月22日製作

昔の大きなコーナーボードに37インチのテレビを載せていたO,Yさん。
テレビを42インチにサイズアップするにあたり、必要以上に大きかったコーナーボードを新しくする事にしました。
質感を重視したいとの事でしたので、天板と前板はナラの無垢材にしましたが、機器の熱による乾燥割れ等を避ける為、天板と機器類との間に合板を一枚入れています。
要所に丸みやカーブを入れて、木質感を強調しました。

コーナーテレビボード


S.Mさんのコーナーテレビ台

コーナーテレビ台

W886 D680 H450
ナラ材 ウレタン塗装
横浜市港北区  S,M邸
2012年8月30日製作

PCサイドボード・洗面所収納と立て続けにご注文下さったS.Mさんですが、三つ目のご依頼はリビング角に置くテレビ台です。
テレビは丁度良い角度20度で斜めに製作しました。
壁の幅にピッタリ収まるジャストサイズです。
表面の仕上げは、隣りのドアに合わせて白の目はじき塗装にしました。
キャスター付きなので、移動させる事も可能です。
コーナーにコンセントが在るので、その分を避けられる様になっています。

壁コンセントを避けた構造


天板だけ「ヘの字」型のコーナーテレビボード

天板だけヘの字型のコーナーテレビボード|オーダー家具 作例

W1530 D700 H470
天板・枠扉ーナラ 無垢材 その他ーナラ 練り付け クリアー ウレタン塗装
横浜市鶴見区  S,T邸
2011年12月4日製作

リビングと和室から見られる様に42インチのテレビを斜めに置きしたローボードです。
全体に幅がある場合はコーナー部分を斜めに作る事が多いのですが、150cm程度の幅で直線とコーナーの二分割にした形にすると、それぞぞれの幅が短くなってしまいます。
それでは、何だかせせこましい感じの家具になってしまうと考えました。
そこで、真っ直ぐのローボードの上に、への字型の天板を載せるデザインにしてみました。
への字型に削り出す天板には無垢材を使用しましたので、木材の魅力も表現する事が出来ました。
録画機器類を収納する部分の扉は、リモコンが使えるスリガラスにし、もう片方は板戸にして収納を隠せるようにしました。
天板が大きく被さっている側の使い勝手を考え、扉は開けっ放しで使える引戸です。
圧迫感の少ないスッキリとしたデザインになったと思います。

天板だけヘの字型のコーナーテレビボード 正面 天板だけヘの字型のコーナーテレビボード 上から見た図


コーナーにギリギリ収めたAVボード

コーナーAVボード|オーダー家具 作例

W1586 D938 H1339
サクラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市港北区  M,P邸
2010年5月15日製作

依頼主のM.Pさんは、かなりのオーディオマニアです。
柱の様な出っ張りが在る変形のコーナースペースに、新しく購入した大きなアンプとAV機器を収めました。
頻繁に配線をイジると事で、配線作業がし易いように、奥のコーナーラックを残して、手前の本体部分だけを引っ張り出せる様にしています。
結構重くて、動かすのは大変なのですが、力持ちのM.Pさんにとっては、この方がじっくり配線を確認出来て良いのだそうです。
配線作業がしやすい様に、奥にライトも付けました。
下の写真は配線の様子、本体をそのまま押し込んでも線を挟まない様になっています。

コーナーAVボード 配線の様子


シンプルなコーナーテレビ台

コーナーテレビ台|オーダー家具 作例

W1200 D450 H526
ナラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市戸塚区  Y,A邸
2009年9月17日製作

シンプルなコーナーテレビ台をご紹介。
新築をご購入のY.Aさん。
テレビの置き場所はココで決まりなのですが、既製品ではどうしてもこの三角スペースから出っ張ってしまいます。
チョットした事ですが、そこがコダワリです。
同じ思いの方は多いのじゃないかな?
奥にコンセントがある事から、角部分を削り落とした形にして、配線をし易くしました。
(この方が歩留まりも良いのです。)

市販品はベース型の物が多く意外に出っ張り感があります、ありそうで無い形かもしれません。
「私も!」と言う方は、お問い合わせ下さい。

コーナーテレビ台正面


斜め15度のテレビリビングボード

斜め15度のテレビリビングボード|オーダー家具 作例

W2100 D858 H1251
本体-ナラ 練り付け 前板・扉枠-ナラ 無垢材 ウレタン塗装
横浜市港北区  T,S邸
2009年8月21日製作

T.Sさんのお住まいは建築家が設計した注文設計です。
リビング・ダイニングルームを平面図で見ると、テーブル・キッチンカウンター・壁が全て違う角度に設計されていて、複雑な空間になっています。
リビングボードを設計する場合、果たしてどの角度に合わせるのがいいのやら?迷ってしまいました。
結論としては、テレビ台の角度はテーブルからテレビが見やすい15度の角度にして、オープンの飾り棚は壁に沿う様に薄く低くしました。
また一つ違う角度が加わった事になりますが、装飾性の無いあっさり目のデザインにする事で、建物の一部の様に上手く溶け込ませる事ができました。
テレビ台は三角形に近いコーナー形になりましたので、奥行が左右で大きく違います。
まず、中央の部分はガラス扉にして録画機器を収納し、奥行が狭くなる右部分はフラップ扉にして雑多な物を収納する場所としました。
左端は二段の引出にして、奥行きの深さを有効に利用できるようにしました。
実に当店らしい家具に仕上がりましたね。

コーナーのテレビリビングボード 前板が斜めになった引出し


K.Yさんのコーナーテレビ台

コーナーテレビ台

W1100 D500 H1060
ウォルナット材 ウレタン塗装
横浜市青葉区  K,Y邸
2009年6月14日製作

今回はK.Yさんからの持ち込み企画です。
K.Yさん自ら設計された図面を、ほぼ忠実に具現化しました。
極シンプルなコーナー台に壁を立てて、そこにテレビを取り付けるデザインです。
意外な事に、壁掛け式テレビは今回が初登場ですね。
一番の問題はテレビの加重を支える壁等の強度ですが、K.Yさんの設計ではその点も十分な構造になっていましたので、柱のジョイント方法をアレンジしただけで済みました。
自分で考えた物が、プロの仕上げで実現するのって楽しいですよね。
今回の様なシンプルなコーナーTV台をお探しの方が結構多いようなので、参考になるんじゃないかな。

コーナーテレビ台 テレビを支える支柱部分


角度30度のコーナーテレビ台

角度30度のコーナーテレビ台

W1550 D923 H480
天板・前板・台輪-ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市都筑区  T,N邸
2006年6月16日製作

角度30度のコーナーに40インチのテレビと機器類を上手く納めました。
下左側の引出しは奥行が無いので実際の収納部分は2/3くらいの幅にしました。
お部屋に薪ストーブを置き、まさにウッディーライフを楽しんでいらっしゃるT.Nさん。
山荘にでも来た様な感じで、癒されるお住まいです。
天板を、ゆるやかにカーブさせて柔らかさを出し、カーテン部分は避けるように欠き込んであります。
台輪の接合部をあられ組みにする事で、魅せるアクセントにしています。
周りのインテリアにあわせて、シンプルかつ素朴なデザインにまとめました。

コーナーテレビ台正面

引出し内部


丸みのあるコーナーテレビ台

丸みのあるコーナーテレビ台

W984 D690 H480
天板・脚部-シュウリ桜 無垢材 本体一部-シュウリ桜 練り付け ウレタン塗装
横浜市港北区  T,M邸
2006年5月5日製作

ミッドセンチュリー系のサイドテーブルをイメージした、おしゃれなコーナーテレビ台です。
角度のついた丸脚や接合方法など、小さいながら手間を掛けた一品です。
市販のコーナーTV台で格好の良い物ってナカナカ無いですよね。
収納効率が悪い為にやたらと大きくなってしまったりと、デザイン的に難しい商品のひとつだと思います。
T.Mさんの依頼も、収納はデッキ2台分だけで良いので、脚型の軽いイメージと言うものでした。
そこで今回は、サイドテーブル風の三角コーナーにしました。
あえて壁に密着させず、あたかもサイドテーブルの上にTVが乗っているだけのように見せています。
おしゃれでしょ。

丸みのあるコーナーテレビ台