リビングボード 5|オーダー家具 作例集

ブーメラン型TVリビング オーダー家具

オーダーで製作したリビングボードをまとめた、「リビングボード 作例集」5ページ目です。

この他にも、
オーディオボード 作例集
もありますのでお見逃しなく。

この作例集の後に製作した新作については、リビングボード・オーディオボードオーダー家具のページでチェックしてみて下さい。


ブーメラン型TVリビング

ブーメラン型TVリビング オーダー家具

W2500 D700 H1560
タモ練り付け一部無垢材を使用 日焼色 ウレタン塗装
東京都府中市  N,M邸
2014年6月1日製作

N,Mさんは当店の過去作品を気にって頂きご依頼くださいました。
希望は、テレビを少し斜めに置きたいので右端を出っ張らせる事。
壁の上方にある窓とエアコンの関係で高さの低い飾り棚をご希望でしたので、右端から段々と低くなるオープン棚を考えました。
右上の棚にいくに従って棚の角度をテレビ台の角度に合わせて斜めにした所がポイントです。
テレビの載る斜め部分は20度の角度で出っ張らせています。
最初はもう少しオーソドックスで収納力のあるカウンター天板がウエーブしたデザインを提案したのですが、希望していたイメージではなかったようでした。
そこで、収納力は犠牲にして当店らしいい過激なデザインにしました。
かなり個性的ですが、魅力的なデザインを気に入って頂けました。

ブーメラン型TVリビング 正面 オーダー家具 ブーメラン型TVリビング 上から見た画像 オーダー家具


I,Tさんの薄型TVリビング

薄型テレビリビング

W1290 D359 H2560
サクラ材 ウレタン塗装
川崎市中原区  I,T邸
2013年12月22日製作

I,Tさんはマンション住まいで、窓と窓の間のこの場所がテレビを置くスペースになっています。
しかし、この場所に奥行きのある家具は置きたくなかったI.Tさんはオーダー家具で作る事にしました。
奥行はDVDデッキが置ける寸法で359㎜としました。
上で突っ張って固定する方法を採用し天井高一杯に作るのですが、ここで問題が一つ。
斜めになった下がり天井に僅かに干渉します。
目立たないように上手く欠き込んで作りました。
テレビの真上の棚にはI,Tさんコダワリのワイングラスの吊り金具を付けました。

薄型テレビリビング 正面 斜めの梁と家具の納まり


仏壇収納付きリビングボード

仏壇収納付きリビングボード

W2980 D450 H1650
ナラ 練り付け 一部無垢材を使用 クリアー ウレタン塗装
横浜市神奈川区  K,N邸
2013年11月30日製作

娘さん一家がお住まいと同じマンションに引っ越される事になったおご両親の為にとご依頼を受けました。
ご依頼はリビングボードなのですが、仏壇を収納する事と、個性的なデザインにして欲しいというのが条件です。
基本的なプランはローボードと縦長の仏壇収納をL字に組み合わせた形で、圧迫感の無い形をベースにしました。
そして、写真などを飾れるオープンの棚も希望されていましので、オープンのボックスが仏壇収納部にめり込む奇抜な形を考えました。
テレビ台の部分も共通性のある意匠にする事で、統一感のあるデザインに纏める事が出来ました。
仏壇収納の扉は普段閉じておいて、必要な時に開いてお参りします。
ただしその場合、開いた扉が邪魔になってしまいますので、開いた後に押し込んで本体内に収納できるようにしました。
扉が完全に隠れる状態になるので、お参りの際も邪魔になりません。

仏壇収納のボリュームと飾り棚のバランスが難しかったです。
当初、仏壇は小さいのにするとの事でしたが、やはり少し大きい物になってしまい、若干バランスが悪くなってしまったのがやや残念(笑)です。

仏壇収納付きリビングボード 仏壇収納付きリビングボード 仏壇収納分部


ローボード・デスク・サイドボードを一体化したLDボード

LDボード

W5350 D475 H475~800
ホワイトアッシュ 練り付け 指定色 ウレタン塗装
川崎市宮前区  K,Y邸
2013年10月31日製作

新築マンションにお引越しのK,Yさんは、リビングダイニングの5m35cmある長い壁を活かしたプランを既にお持ちでした。
ローボードとサイドボードが繋がったイメージで、繋ぎ目にデスクを入れる事で上手く一体化させています。
家具を設置した後に、家具の形に合わせてエコカラットを貼られたので、完成後に写真を撮らせて頂きました。

通常デスクの高さは70cmから73cm程度が一般的ですが、このプランではサイドボードの高さにである80cmになる為、通常よりだいぶ高くなってしまいます。
しかし、当店にはオリジナルのKハイチェアという座面の高い特殊な椅子がありましたので、これをセットする事でデスクとして利用する事が可能となりました。

LDボードとテーブルセット ローボード部分 デスク・サイドボード部分


バックボードタイプ リビングボード

バックボードタイプ リビングボード

W2500 D470 H1370
ナラ 練り付け クリアー ウレタン塗装
横浜市港北区  T,K邸
2013年3月31日製作

バックボードタイプのリビングボードです。
左右非対称の上台もバックボードがある事で一つのまとまりに見え、スッキリした印象を与えます。
幅が2500㎜と広く、高さも1370㎜と低く抑えているので、更に広々とした印象になりました。
写真ではテレビが小さめですが、大型の物にに買い替える予定です。
バックボードは壁に固定する場合としない場合がありますが、今回は壁に固定しない据え置きタイプとして設計しました。
問題は、左上の吊り棚をバックボードの強度のみで支える必要がある点です。
バックボードの厚みはあまり厚くしたくなかったので、この部分の裏側に溝を掘り、スチールの角パイプを埋め込んで補強しました。
吊り棚も小さいですし、飾り棚としての使用方なので、この程度の補強で十分でしょう。

バックボードタイプ リビングボード バックボードタイプ リビングボード


ボックス積みタイプのAVリビングボード

ボックス積みタイプのAVリビングボード

W3526 D451~286 H2288
サクラ 練り付け 着色 ウレタン塗装
横浜市港北区  K,O邸
2013年2月26日製作

リフォームによって生まれた左右の壁の奥行違いを利用して、深さの有る左側にはAV機器類を収納し、薄い右側には本やCDを収納するようにしました。
写真では分かりませんが、AV機器類の後ろの壁には扉が隠れていて、裏の部屋から直接配線が出来る様になっています。
右端の大きい引出にはシュレッダーを収納しています。
当店得意のBOX状の違い棚には、薄い引戸をつけて、「半分は隠し、半分を見せる収納」にしました。
引戸扉で部分的に隠す事によって見た目のリズム感が生まれますし、木の質感も見せる事ができます。

正面の写真 収納した状態の写真 収納した状態の写真 正面


H.Mさんのリビングシェルフ1550

シェルフ

W1501 D480 H1400
ナラ材 ウレタン塗装
横浜市戸塚区  H,M邸
2012年12月23日製作

入口脇に置くリビングシェルフです。
下の引戸には鞄も収納しますので、マルチ収納棚とでも言った方が良いかもしれません。
既存の「森のことば」のテーブルにも違和感なく合せられる、素朴でシンプルなスタイルがご希望です。
今回のオーダーで特徴的だったのは、上に行くにしたがって奥行が狭くなる棚のイメージです。
これは、表現の仕方を間違えると、逆にアンバランスな印象になってしまいます。
傾斜した面白さをシンプルに表現する為、斜めに傾斜した板状の柱と、奥行違いの棚を積み重ねる様なデザインにしました。

リビングシェルフ


M.Aさんの仏壇収納付きリビングボード

仏壇収納付きリビングボード

W3205 D450 H1350
サクラ材 ウレタン塗装
横浜市西区  M,A邸
2012年12月20日製作

M.Aさんは当初、既存のチェストをそのまま残した状態でオーダーを考えていましたが、理想とするスッキリさを求める事として、この様に軌道修正しました。
壁面の端から端まで貫くローボードをベースに、仏壇とFAX、好きな和食器などを飾れる低めの上置きを載せたスタイルです。
ローボードは高さ58cmと少し高めにしたので収納も十分。
仏壇の下は引出の他にスライドの小テーブルも付いています。
あまり濃くならない様に、サクラ材に薄く色を付けて、仏壇のウォルナットと色のバランスを取りました。

リビングボード


S,HさんのAVリビングボード1670

AVリビングボード1670

W1674 D525 H2020
ナラ材 ウレタン塗装
川崎市中原区 S,H邸
2012年10月21日製作

S,Hさんからのご依頼は1m70cm幅の壁に設置するAVリビングボードです。
S,Hさんが悩んでいたのは、この壁幅にお子様用の収納を確保しつつ、46インチのテレビ・大きなアンプとその他の機器類・スピーカーをどの様に納めるか?という事でした。
テレビ台の下はアンプとその他の機器類でほぼ一杯になりますので、お子様用の収納はテレビの横にならざるをえません。
そうすると、スピーカーはその上という事になります。
基本的な配置は決まりました。
下台の中央部分がアンプとその他機器類の収納部です。
アンプ自体の奥行きがコードも含め48cmあり、全体の奥行きは525mmになりました。
後ろの壁コンセントとも干渉する位置にあるため、この部分の裏板を無くす事で極力奥行きが浅くなるようにしました。
ここの扉は一枚板の吊り引戸になっており、どちらか一方が開放状態になります。
スピーカーを載せる為の棚には本なども並べる為、バックボードと仕切板で強度が保てる様にデザインしました。
AVリビングボード正面
アンプ収納部分