リビングボード 6|オーダー家具 作例集

ユニーク リビングボード

デスク付きTVリビングボードユニーク リビングボードレコードプレーヤー収納リビングボードシェルフ

オーダーで製作したリビングボードをまとめた、「リビングボード 作例集」6ページ目です。
この他にも、
オーディオボード 作例集
もありますのでお見逃しなく。

この作例集の後に製作した新作については、リビングボード・オーディオボードオーダー家具のページでチェックしてみて下さい。


F,Yさんのデスク付きTVリビングボード

デスク付きTVリビングボード

W3830 D550 H1966
サクラ材 ウレタン塗装
横浜市神奈川区  F,Y邸
2015年6月14日製作

以前リビングボードを作らせて頂いたN,Mさんの娘さんご夫婦からもオーダーを頂きました。
テレビリビングボードとその端にパソコンが出来るチョットした書斎スペースが欲しいというご要望です。
この時いつも考えるのが、テレビ台とデスクの高さ違いをデザイン的にどう処理するか?という事です。
今回は画期的なアイディアを思い付きました。
それは、デスクの天板の奥行きをカーブさせながら飾り棚の奥行まで変化させる処理法です。
これにより、デスクと飾り棚・テレビ台とデスクの境界が曖昧にする事が出来て、トータルでの一体感を生む事ができます。
飾り棚の部分はF,Yさんの要望で当初案から得意のボックス積みスタイルに変更しました。
デスクの左端の壁にはコンセントがありましたので、細い扉を付けて抜き差し出来るようにしました。
また、右端の天板に空いた穴の下はごみ入れで隠せるようになっています。

壁コンセント用扉


G.Yさんのユニーク・リビングボード

ユニーク リビングボード

W2900 D450 H1757
オーク材 ウレタン塗装
横浜市神奈川区  G,Y邸
2015年5月17日製作

私も、最初は割とまともな設計をしたんです。
ご要望に応えつつ遊びの要素も加えて・・・悪くなかったと思いますよ、でもG.Yさんは納得しませんでした。
「何か」が必要だったのです、プラスαの何かが・・・。
そこで振り切った発想をする事にしました。
普通なら絶対しないようなデザインを。
基本はL型のリビングボードですが、それぞれ形や性格の違うバラバラの要素を組み合わせて構成しました。
一番下は壁全体の2/3程の幅の引出ボックスですが、その一部が欠けた形になっていて、そこに二段目のテレビ台が載る形です。
更にユニークなのは、引出ボックスよりテレビ台の方が奥行きがあり出っ張っている所、普通はこんな事しようとは思いませんよね。
テレビ台はその2/3幅がデッキ類の収納で、1/3は薄い引出とその上は床の間のような使い方をするテーブルにしました。
花なんかを大胆に飾って頂くと恰好イイと思います。
引き出しボックスの脇の残り1/3に、テレビ台部分がはみ出す形になりますが、そこは特注のステンレス脚で支えます。
デッキ収納部分の扉も凝りました。
ガラス扉以外の余計な物を表に見せない様にしました。
特注の金属フレームにスライドレールを取り付け、ガラス扉が前に引き出す形で開きます。
また、配線などが出来る様にデッキ類もスライド棚で引き出せるようになっています。
右側には縦長の収納を設けました。
飾り棚も欲しいという奥様のご要望にお応えし、ダウンライト付きのガラス扉収納を加えました。
ただユニークに作った訳ではなく、シンプルでスタイリッシュなイメージになるように心掛けました。
デザインも設計もかなり悩んだ苦心作、G.Yさんにも喜んで頂けました(笑)。

前に引き出すガラス扉デッキ類を引き出す為のスライド棚引出ボックスとテレビ台部分


K,Yさん三連ユニットボード&テレビボード

三連ユニットボード

リビングボード  W1100 D465 H1794
パソコンデスク  W700 D465 H1794
カップボード   W800 D465 H1794
テレビボード   W1500 D448 H482
オーク材 ウレタン塗装
東京都世田谷区  K,Y邸
2015年3月23日製作

K,Yさんのご要望は収納力重視、だけど圧迫感は出したくない、配置替えや単品でも使えてイメージは北欧風・・・と結構ワガママな内容です。
三連のユニットは左からパソコンデスク・カップボード・リビングボードです。
カウンター部分の高さは850mmで、既存のカウンターテーブルの高さに合わせました。
850mmはパソコンデスクにとってはかなり高い高さですが、椅子も高くする事で足を奥まで入れる必要がなくなる為、デスクの下をプリンター収納等に利用できました。
並び的にはカップボードが端にきた方が綺麗でしたね。
テレビボードは幅1500高さ482で、こちらも収納重視です。

テレビボード


K.Yさんのレコードプレーヤー収納リビングボード

レコードプレーヤー収納リビングボード

W2610 D450 H1895
合板材 ウレタン塗装
東京都中野区  K,Y邸
2015年1月23日製作

K.Yさんは新しいマンションに引っ越すにあたり悩んでいました。
家具を置ける壁は2m60cmあるのですが、そこ一か所したありませんので、その中で全ての要求を満たさなければなりません。
必要なのは、テレビ台としての機能と食器棚なのですが、悩ましいのはお父様が残されたオーディオを収納したいという点です。
大きなアンプとレコードプレーヤー・スピーカーがあり、レコードプレーヤーは当然上が空いて使える様にしなければなりません。
収納はしっかり確保したいとのご要望でしたので、レコードプレーヤーとテレビを足した幅分をローボードにして、それ以外は天井高一杯までの食器棚としました。
左端の上部分がレコードプレーヤー収納で、前蓋と天蓋の両方が開く様になっています。
(写真撮り忘れました~、何やってるんですかね。)
テレビの下のガラス扉内にアンプとデッキ類を収納し、その両脇にスピーカーを収納します。
更にもう一つ問題がありました。
居間にはリビング・ダイニング兼用の大きなテーブルセットを選んだのですが、そこからテレビを見る為には床から60cm以上の高さに設置し、なおかつテレビの向きを大きく変える必要がありました。
しかし、テレビが52インチと大きい為、据え置きタイプでは無理がありました。
そこで、壁掛け金具を取り付けられるだけの大きさのバックボードを取り付けて、そこにテレビを取り付ける事にしました。

何とかご要望をクリヤーし、予算も希望内に納める事ができました。

レコードプレーヤー収納リビングボード


Y,Mさんのシェルフ&オーディオラック

シェルフ

シェルフ      W1200 D300 H990
オーディオラック  W1447 D470 H486
タモ材 ウレタン塗装
横浜市西区  Y,M邸
2014年6月21日製作

Y,Mさんのご依頼は、リビングルームに置くシェルフとオーディオラックです。
ベイエリアに建つタワーマンションで広い窓からの眺望は最高ですが、その代わりに家具を置ける場所が限られ、特にオーディオの収納が問題でした。
面白い形にしたいとの事でしたので、逆M字の様な脚にして収納しにくいウーハーも何とか収めました。
シェルフは具体的なイメージをお持ちでしたので、そのイメージをベースに引戸の扉を追加してバランス取りました。
お部屋全体が明るいモノトーンを基調にした色合いなので家具もそれに合わせて白色です。

シェルフ オーディオラック オーディオラック

 

こちらのページもご覧ください