飾り棚風 カウンターボード |オーダー家具 作例集

グラスキャビネット

オーダーで製作したカウンター収納のうち、飾る事を目的とした物をまとめた「飾り棚風 カウンターボード 作例集」です。

この他にも、
カウンター収納 作例集
間仕切りカウンター 作例集
が有りますので、お見逃しなく。

この作例集の後に製作した新作については、キャビネット・カウンターオーダー家具のページでチェックしてみて下さい。


個性的なディスプレーカウンターボード

個性的なディスプレーカウンターボード
W2540 D400 H970
天板ーナラ 無垢材 その他ーナラ 練り付け クリアーウレタン塗装
茨城県ひたちなか市  S,K邸
2011年12月11日製作

茨城から依頼に来て下さったS.Kさんのオーダーは、「普通じゃない飾りも兼ねたカウンターボード」です。
右端の天板は跳ね上げ式になっていてパソコンデスクとして使用します。
中央下部の跳ね上げ式扉はディスプレーラックになっていて本を飾れます。
オープンスペースと箱が交互に交り合った様なデザインですが、階段箪笥の様な右肩上がりの流れも意識しています。
盛り沢山な、個性的なカウンターボードに仕上がりました。
(写真はS.Kさんに送って貰った物です。雰囲気良く撮れてますね。)

個性的なディスプレーカウンターボード 正面パソコンデスク部分


飾り棚付きカウンター

飾り棚付きカウンター

W1130 D400 H2092
ナラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市港北区  Y,K邸
2009年12月6日製作

オリジナルのリビングボードを気に入って下さったY,Kさんは、キッチン横に設置予定だったカウンターの上部にも飾り棚をつけたらどうかと考えました。
しかし問題は、設置するスペースの幅が狭い事。
オリジナルのリビングボードの幅は1800mmで、その半分くらいの幅のボックスを左右互い違いに積み重ねる事でリズミカルな魅力を出しています。
それに対して今回の設置場所は1130mmしかありませんので、ボックスを交互に積み重ねても同じような効果は得られず、窮屈に見えるだけです。
その上、壁にはインターホンや給湯器の操作パネルも付いていますので、これらを上手く避ける必要があります。
そこで、ボックスは諦めて、4段の棚板を三列の柱で支える構造にしました。
中央の柱を段によって中心からずらす事と、裏板を付ける場所と付けない場所を設ける事で、左右非対称のデザインになり飾り棚にリズム感を与えました。
カウンターにはファックスとコンポを置き、飾り棚にはスピーカーを載せました。
カウンターの下部分は扉と引出を配して収納を充実させました。
設置条件と見た目のバランスを取りながら、ご要望に応えた苦心のデザインです。

斜めから見る棚


ミニカーコレクション用のカウンター収納

ミニカーコレクション用のカウンター収納

W2316 D247 H887
ナラ 練り付け 着色 ウレタン塗装
千葉県印西市  S,S邸
2008年6月11日製作

旭川出身のS.Sさん。同郷のよしみでとご依頼下さいました。
S.Sさんは大のプジョーファン。
並んでいるミニカーもほぼプジョーです。
オーダー内容もご覧の通り。
カウンター下のスペースを使ってミニカーのコレクションボードを作る事でした。
木枠の無いガラス扉に、裏板にはカガミを張りました。
薄い奥行がコレクションを飾るにはもってこいです。
2m30cm幅に並べられたコレクションは圧巻、まるで模型店のショーケースの様です。
思い切ったプランが魅力的なインテリアになりました。
ただただ羨ましい限りです。イイナ~。
それにしても、てっきりミニカーはご主人の趣味だと思っていたのに、奥様の趣味でもあったのですね、さすがご夫婦。

収納されたミニカー


ウッディなカウンター収納

ウッディなカウンター収納

W1800 D264 H966
本体-ナラ 練り付け 扉-ナラ 無垢材 ウレタン塗装
横浜市港北区  O,A邸
2008年2月10日製作

O.Aさんのマンションは、キッチンカウンターがリビング・ダイニングの中央付近にある少し珍しい設計です。
動線を挟んで向い側にテーブルを置く形になりますので、カウンターボードは収納だけではなく、見せる要素も必要でした。
O.Aさんの希望は、モダン過ぎず、カントリーでもない、素材感の有るシンプルなデザインでした。
そこで、框組の扉を使ったオーソドックスなスタイルにする事にしました。
框組の扉は、ほぼ面を取らないスッキリとした形状にする事で、無垢材の素材感を出しつつも、シンプルな見た目になったと思います。
奥行きは、インテリア雑誌が入る深さで、テーブルの高さに合わせて、照明付きのオープンスペースを設けました。
既存の家具に合わせて僅かに色を調整しています。
木製家具らしい存在感がイイですね。

カウンターボード


極薄!グラスキャビネット

グラスキャビネット

W1540 D175 H967
本体-ナラ 練り付け 脚部-ナラ 無垢材 ウレタン塗装
東京都中央区  H,T邸
2007年10月13日製作

ウオーターフロントにお住まいのH.Tさん。
インテリアはモノトーンをベースにまとめています。
少しずつ自分好みに改造して行きたいと言う事で、今回はカウンター下にグラスやお酒のボトルなどを収納できるキャビネットをオーダー下さいました。
ところがこのカウンター、幅は1m50cmあるのですが、奥行きは狭い所で、何と!18cmしか無いのです。
更にH.Tさんのご要望では、真横に在るソファーからも見える様に、この狭い側にもガラスを入れて欲しいと言うものでした。
どの様な構造にするか悩みましたが、板状の脚にする事で横にもガラスを入れて中が見えるように出来ました。
上部のガラス引戸にはグラスを横一列に並べて飾ります。
裏鏡のおかげもあって、奥行きの薄さを忘れさせる程の存在感です。
照明器具もH.Tさんのこだわりで、白色のLEDライトを採用。クールな印象でグラスが輝いています。
下部の板引戸内にはお酒の瓶を収納しています。
当初は多少困惑しましたが、バッチリ希望通りに仕上がりました。

側面グラスキャビネット


飾り棚風カウンターボード

飾り棚風カウンターボード

W1800 D270 H930
ナラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市港北区  S,K邸
2005年7月2日製作

S,Kさんのご依頼は、飾り棚を兼ねたカウンター収納です。
耳付きのダイニングテーブルをお使いなので、それに合わせて木質感のある雰囲気にしたいとの事でした。
材料にはテーブルの材と同じナラ材を使用し、塗膜の薄いウレタン・オープン塗装で仕上げました。
構造的には高さ方向で三分割した形で、一番下は脚で中央に寄せる事で浮いた感じに見せています。
二段目は三枚引戸の収納ですが、カウンターの奥行きが240mmと狭い為、この部分は30mm前に出っ張らせて収納力を確保しました。
一番上の段中央は横長の飾り棚です。
グラスを飾りたいと言う事なので、中が良く見える扉枠の無いガラス引戸にし、内部には裏カガミとダウンライトを付けました。
引出も欲しいとの事でしたので、飾り棚の左右に小さな引出を二段つけました。
単純なカウンター収納ではなく、置き家具の様な存在感のあるカウンターボードを意識してデザインしました。

飾り棚風カウンターボード