CATEGORY 壁面収納

オーダー家具で製作した作品のうち、壁の幅一杯に製作した家具や、天井高一杯の高さで製作した家具など、壁面収納の家具をまとめたカテゴリーです。

ボックス積みタイプのAVリビングボード

W3526 D451~286 H2288 サクラ 練り付け 着色 ウレタン塗装 横浜市港北区  K,O邸 2012年製作 リフォームによって生まれた左右の壁の奥行違いを利用して、深さの有る左側にはAV機器類を収納し、薄い右側には本やCDを収納するようにしました。 写真では分かりませんが、AV機器類の後ろの壁には扉が隠れていて、裏の部屋から直接配線が出来る様になっています。 右端の大きい引出にはシュ […]

グリッドシェルフ2900

W2894 D300 H2387 サクラ 練り付け 着色 ウレタン塗装 横浜市港北区  Y,D邸 2012年製作 Y.Dさんのオーダーは、リビングルームの壁一面をグリッド状のシェルフで埋めるプランでした。 グリッドの寸法は、まず床から天井までを6等分に分けました。 横幅は部屋の照明スイッチ手前までとし、一つのグリッドが正方形に近い寸法になる8等分に分割しました。 一つのグリッドの内寸は高さが352 […]

ダイニング壁面収納

W2464 D440 H2141 ナラ 練り付け 白着色 ウレタン塗装 横浜市港北区  O,M邸 2012年製作 マンションのダイニング側の壁を壁面収納にしたプランです。 奥行を梁に合わせる事で壁のように見せたいというご希望です。 そこで、ナラ材の突板を白色に着色し、質感を残しつつ壁と馴染むようにしました。 O,Mさんの希望は収納力重視なので、下段と中段の戸棚はA4サイズの本がタップリ二段入る高さ […]

パソコンデスク付きAVリビングボード

W2563 D620 H2488 ナラ 練り付け ダークブラウン色 ウレタン塗装 横浜市港北区  O,M邸 2011年製作 O.Mさんには理想の家具の具体的なイメージがありました。 バラのコンポを収納できるAVボードと、パソコンデスク・収納が一体となったリビングボードです。 O,Mさんが問題に感じていたのはエアコンと梁でしたので、これらを避ける事を基本に設計しました。 ただ難しいのは、テレビボード […]

移動式テレビ台とレコード収納の有る壁面収納

W2090 D490 H2390 合板 白色 ウレタン クローズ塗装 横浜市鶴見区  K,K邸 2011年製作 大量のレコードや本を効率良く収納したいと考えていたK.Kさんは、収納力重視のご依頼です。 右側の上部はフリッパー扉のレコード収納(扉にレコードを載せて飾れます)、その下の引出しはCD収納(前板にCDを載せて飾れます)になっています。 左側の上が扉収納、その下の棚にはミニコンポを載せます。 […]

部屋が広く感じる壁面リビングボード

W2853 D490 H1730 ナラ 練り付け 着色 ウレタン塗装 川崎市中原区  A,E邸 2009年製作 当初の相談では、テレビを載せるローボードと収納を重視した天井高いっぱい家具を作りたいとの事で。 それらを、ほぼ正方形の壁にL字型に並べるというのがA,Eさんの考えでした。 しかし、正方形の壁に低いローボードと天井までの家具ではバランスが悪く、圧迫感が出ると感じました。 そこで、全体のプラ […]

横分割で圧迫感を軽減した壁面リビングボード

W3076 D500 H2098 本体-ナラ 練り付け 扉・前板-ナラ 無垢材 ウレタン塗装 東京都港区  I,M邸 2008年製作 港区のマンションにお住まいのI.Mさん。 都会の高層階なのに、不思議と田舎暮らしを思わせる落ち着いたお住まいです。 I.Mさんのイメージは、ナチュラルなローボードスタイルのTV台、しかし本棚も兼ねる必要がある為、圧迫感の無いデザインが希望でした。 ポイントは圧迫感に […]

野球選手のリビングボード

W3176 D500 H2013 ナラ 練り付け ウレタン塗装 横浜市港北区  T,Y邸 2008年製作 T.Yさんは、かつて日の丸を背負って戦った事もある名キャッチャーでした。 その栄光を物語る記念品も数多く保管していましたが、最近になって、実家から早く引き取るように言われてしまいました。(チョッと切ないです) そこで、出来るだけ圧迫感無く収納できるようにと、オーダーで家具を作る事を思いついた訳 […]

壁面収納 その他 作品例

S,HさんのL型壁面収納 W2590 D450 H2511 オーク材 ウレタン塗装 神奈川県横浜市  S,H邸 2015年9月6日製作 S,Hさんのご依頼は、ダイニング脇に設置するL型の壁面収納です。 収納力を重視したいとの要望でしたが、予算も重要です。 今回は、極力収納量を増やしつつ如何に予算内に納めるか?という葛藤でした。 まず問題になったのが、窓枠の位置が低すぎる点です。 窓枠の下端に合わせ […]