布団収納庫 作例集

布団収納庫 作例集

フラップ式・縦型布団収納庫

フラップ式 縦型布団収納庫 実際の使用状態

W1200 D350 H1000
タモ材 練り付け仕様 美白色 ウレタン塗装
東京都葛飾区 K,M邸
2018年5月26日製作

長年温めていたアイディアを形にする時がきました。

K,Mさんは腰痛に悩まされていた事から、ベッドで寝るのを止めて、話題のエ〇ウィーヴに替えたそうです。
しかし、K,Mさんはマンション住まいの為、寝室にはクローゼットしかありません。
そこで、良い布団収納庫がないかと探していて、当店の縦型布団収納庫を見つけた訳です。
設置場所には35cm程の柱があり、その奥行き以内に納めたいというのがご要望でした。
普通の家具としても薄い奥行きですが、収納庫にはエ〇ウィーヴの敷布団のみを収納出来れば良いという事なので十分可能と考えました。

布団収納の一番の悩みは奥行きが深い事だと思います。
何とか邪魔にならないサイズで布団を収納出来ないかと考えて製作したのが縦型布団収納庫でした。
しかし、今回のエ〇ウィーヴの敷布団は重さが8.5㎏あるようで、決して軽いとは言えません。
この重さの敷布団を、縦にして持ち上げ、奥行きの狭いワゴン内に差し込むのは難儀な作業だと想像ができます。
元々、キャスターが付いたワゴンタイプの布団収納庫は、設置場所が寝室と離れており、寝室まで動かせるようにと考えた方式なので、この形式にこだわる必要はありませんでした。
そこで、以前より温めていたフラップ式の布団収納庫を提案する事にしました。
この方法は、キャスターの替わりにワゴンの下に丁番を取り付け、フラップ扉の様に手前に引き倒して収納する方法です。
ワゴンが横倒しになる事で、布団を持ち上げる高さも低くて済みますし、布団を横にした状態で扉上に載せ、そのままワゴン内に押し込む事が出来ます。
扉のハンドルを持って引き起こせば、楽に布団を収納出来る訳です。
布団とワゴンの自重があるので、勝手に開いて来る事もありません。

ワゴンの底板には、湿気を逃がす為の通気孔も開けています。
収納庫の上には、K,Mさんの要望でオープンの棚を一段付けましたが、これを無くせば高さを90cmくらいに抑える事もできます。
省スペースに納める布団収納の方法としては、決定版じゃないでしょうか。

(下の写真は出荷前の検品作業中に撮った写真です。家具の下に挟まっている角材は輸送の為の保護材です。)

フラップ式 縦型布団収納庫 閉じた状態
フラップ式 縦型布団収納庫
布団収納の通気孔の有る底板部分


タテ型布団収納庫

タテ型布団収納庫

W2600 D500 H850
ナラ 練り付け ウレタン塗装
東京都江東区  T,I邸
2010年7月26日製作

T,Iさんのご依頼は来客用の布団を収納する布団収納庫です。
ただし、場所を取りたくないので出来るだけ奥行を薄くして欲しいとの要望でした。
幸い、毎日布団を出し入れする訳ではないので、布団圧縮袋を利用する事も出来ます。
圧縮袋を利用すれば、敷き布団もかなりコンパクトに収納する事ができますし、型崩れのしないウレタンのマットレスと同様に、立てた状態で収納する事が可能となります。
かさばる羽毛の掛け布団は専用のケースに収納する事で、奥行の無い場所でも仕舞う事ができました。
奥行の深さが弱点だった従来の布団収納庫ですが、縦型にする事で奥行を50cmにまで進化させる事ができました。

敷布団収納 掛け布団収納 全体の様子


ワードローブタイプの布団収納庫

ワードローブタイプの布団収納庫 ワードローブタイプの布団収納庫

W1200 D900 H2200
ナラ 練り付け ウレタン塗装
東京都西東京市  S,K邸
2005年10月19日製作

S,Kさんが悩んでいたのは、新しい家に和室が無く布団をしまう場所が無い事でした。
自分たちはベッドを使うので良いのですが、来客用の布団を二組分用意しておく必要があり、その収納に困っていました。
ベッドの下に収納する方法も候補でしたが、取り出す為のスペースが確保できません。
そこで、比較的スペースの余っている場所に、以前製作した布団収納庫を発展させた物を設置する事にしました。
布団の収納だけでは上の空間が勿体ないので、洋服も収納出来るようにワードローブタイプにした訳です。
ただ、布団収納の奥行が深いので、そのままでは中の洋服に手が届きません。
そこで、洋服に手が届くようにハンガーごと手前に引き出せる形にしました。


布団収納庫

布団収納庫 開いた状態

W1300 D900 H900
ナラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市港北区  Y,N邸
2005年4月10日製作

一番最初に作った布団収納庫です。
新しいマンションに引っ越したが、布団をしまう押入れが無くて困っていると、Y,Nさんより相談を受けました。
Y,Nさんが考えたのは、広さに余裕のあるリビングルームに布団収納庫を設置して、そこからキャスター付きの台車で隣の寝室まで移動させたいという計画です。
そこで、布団の移動はキャスター付きの大きな引出で行う事として、それを収納する覆い型の家具と組合せて作る事にしました。
覆いの方は引出のキャスターがそのまま侵入出来るように地板の無い構造です。
更に、引出がスムーズに収納できるようにガイドを付けて、正確な位置に引出が閉まるようにしました。
引出の高さは、あまり高すぎると底の方の布団を取り出すのが大変になるので、半分くらいの高さに抑えました。
参考までに、引出しの内寸は、幅1112㎜ 奥行800㎜ 高さ410㎜(755㎜まで重ねて収納出来ます)です。
布団収納庫で難しいのは搬入方法です。
この大きさそのままでは搬入出来ないので、覆いの方はノックダウン式で設計し、引出は前板部分を取り外す事で搬入可能になりました。

布団収納庫

その他の家具カテゴリの最新記事