リビングボード 6|オーダー家具 作例集

リビングボード 6|オーダー家具 作例集

オーダーで製作したリビングボードをまとめた、「リビングボード 作品集」の6ページ目です。
この他にも、
壁面収納 作例集
もありますのでお見逃しなく。
最新作の更新情報はHOMEのお知らせ欄等で確認できます。
その他の作例は、オーダー家具のページでチェックして下さい。


トータルでデザインした、コンポジットファニチャーとその他

リビングのコンポジットファニチャー

コンポジットファニチャー(収納部側) W3907 D473 H1007
コンポジットファニチャー(デスク側) W2535 D473 H731
AVローボード W2768 D473 H576
レコードラック W660 D400 H2400
タモ・ホワイトアッシュ材 ウレタン塗装
横浜市磯子区 S,I邸
2016年10月31日製作

これいう家具は、何と呼べばいいのでしょうか?
最近、この様に色々な機能を一つにまとめた家具をデザインする事が多くなってきました。
これまでは複合した機能を羅列して呼んでいたのですが、ダラダラと長くなるだけでスッキリしません。
なので勝手に名前付けちゃおうと思います、コンポジットファニチャー(複合家具)でどうでしょう。

コンポジットファニチャー

老後を夫婦でゆったりと過ごしたいと考えたS,Iさんは、マンションをリフォームする事にしました。
内部をスケルトンにしてからレイアウトごと変更する大規模なリフォーム工事です。
そして、そこに設置する家具も理想的な物にしたいと考えていました。
しかし、収納する物や機能などの希望をリフォーム会社に伝えたものの、S,Iさんが満足する様な提案は出てきませんでした。
言われた事をそのまま形にしただけの家具で、とても魅力的なデザインとは思えなかったのです。
自分の思いを汲み取ってデザインしてくれる家具屋はないかと探し回って当店に辿り着きました。

リフォームの基本プランは、分割されていた部屋を一つにまとめて広いリビング・ダイニングにする事。
そこには、夫婦が別々に使える机があり、先立たれた娘さんの仏壇と思い出の品々を飾っておける場所が必要でした。
機能で区切ってプランを考えると、どうしても縦割りの家具を並べただけになってしまいがちです。
開放感のある空間を演出する為には、出来るだけ縦方向の分割を減らして、横方向に伸びるイメージのデザインにしたいと考えました。
そこで、広い西側の壁面とキッチン背面の壁を使い、L字型のカウンターが一続きになったプランを考えました。
天板にはホワイトアッシュの無垢材を使用し、カーブする部分は無垢材ならではの削り出しの加工です。
このカウンターがデスクの天板であり、収納部の天板になります。
カウンターの一番端の机が奥様用で、コーナー部分の机がご主人用です。
適度に距離をとって、それぞれが作業に集中し易い様に配慮しています。
収納部分はチェストタイプで、ここにはお嬢様愛用のバイオリンも仕舞われます。
チェストの上に引戸のガラスケースを載せました。
ここはお仏壇を載せる台になっていて、お参りし易い様に一段高くなっています。
ガラスケースにも思い出の品が飾られます。
この台は、壁に取り付けられた吊り棚と対になっていて、空に浮かぶ雲をイメージしました。

別角度から見たコンポジットファニチャー


AVローボード

W2768 D473 H576
タモ・ホワイトアッシュ材 ウレタン塗装

コンポジットファニチャーの反対側の壁に設置しました。
こちらも、コンポジットファニチャーと共通するデザインにしています。
天板には無垢材を使用し、本体から両サイドに飛び出るデザインです。
長さが2m70cm強と長い為、左の引出部分は別パーツとして分割した構造にしました。
特筆すべきは中央の格子扉で、フリッパー扉になっています。
フリッパー扉を収納する構造上、中央に仕切板を立てる事が難しいので、移動可能なコの字の棚を内部に設置しました。
コの字の棚にアンプなどの機器を載せ、残りのスペースにレコードプレーヤーを収納します。
レコードをかける時などは、扉を開放状態に出来るので、便利な方法だと思います。

AVローボード
AVローボード正面
フリッパー扉を開放した状態


レコードラック

W660 D400 H2400
タモ・ホワイトアッシュ材 ウレタン塗装

AVローボードの脇に寝室への入口があり、その並びにピアノがあります。
そのピアノと左壁との隙間に、天井高一杯の収納棚を設置しました。
ピアノの高さまでは引出収納とし、その上のオープン棚はレコードを収納します。
天井の梁に合わせて本体上部を欠き込みました。
ここはデザインと言うよりも機能重視ですね。
ピアノの上には、小物を飾れる小棚も取り付けました。

レコードラックとピアノと小棚


スチールの柱を使った壁面リビングボード

スチールの柱を使った壁面リビングボード

W4420 D420 H2565
ウォルナット材 ウレタン塗装
川崎市中原区 M,T邸
2016年8月7日製作

M,Tさんのお住まいはタワーマンション。
モデルルームの様に壁面一杯のカッコ良いリビングボードを設置したいと考えていました。
壁の長さは4m以上あり、右側にキッチンのカウンターがあります。
カウンター側にダイニングテーブルが配置されますので、必然的に左側がテレビボードになります。
ただし、左は壁が10cm程出っ張った部分があり、その分家具の方を削り込む必要がありました。
(今現在使用中のテレビは台座の奥行きがある為、中心からズレた位置に載せていますが、奥行きの狭い新しいテレビは中央に載せる事が出来ます。)
また、右側のカウンターの出っ張り分も家具に食い込ませる必要があります。
という事は、左側のテレビ台と右側のカウンターとの間で大きな段差が生まれる事を意味します。
そこで、以前製作した三段階に高さが変わるリビングボードの考え方を応用する事にしました。
つまり、左のテレビ台部分から右のカウンターまでの高さ違いを、三段階に分ける事で一つ一つの段差を小さくし、スムーズに目線が移動できるようにしました。
更に、その上のオープン棚の位置も、この段差に応じて変化させる事で、全体的に統一感のあるリズムを生み出す事ができました。
このウォルナットのボックスとガラス棚は、細いスチールの柱によて支えられています。
21mm角の鋼材をハシゴ状に組んだ物を、仕切板の様にカウンターの上に立てて、その間にボックスや天板をジョイントしました。
中央に位置するボックスの扉は上部に跳ね上げる方式で、ここはお仏壇として使用します。
ボックスの扉とテレビ台のフラップ扉には横格子の模様を施しています。
一番上部の天板にはダウンライトを仕込みました。
設置場所の壁面の大部分はマンションの共有部分になる為、モクネジなどで固定する事ができません。
その為、この天板の中には天井に突っ張る為の板も隠されています。
(一部可能な部分では、モクネジ固定も行っています)

M,Tさんの希望通りモダンでカッコ良いリビングボードになったんじゃないかな。

お仏壇部分の扉を開けた所
窓側から見た壁面リビングボード
正面から見た壁面リビングボード


和風モダンなAVリビングボード

和風モダンなAVリビングボード

W2400 D600 H1750
タモ材 ウレタン塗装
横浜市金沢区 Y,T邸
2016年5月29日製作

Y,Tさんからのご依頼はAVリビングボードです。
一番の問題は、奥行きの有るバラのコンポ。
扉付きで収納しようと思うと奥行きは60cmになってしまいます。
家具の奥行きは45cm以下が普通なので、通常より15cmも深い事になります。
60cmというのは和ダンスやワードローブの奥行きですね。
この奥行きの物がリビングにあったなら、かなり邪魔に見えてしまいますよね。
Y,Tさんの悩みも正にその点です。
何とか、圧迫感を解消する方法は無いか?とのご依頼でした。
片側の奥行きを狭くして前側全体を斜めにしてはどうか?との意見もありましたが、その方法ではコンポの収納スペースに三角形のデッドスペースが生まれてしまい、余計に奥行きが深くなってしまいます。
コンポを最小の奥行きで収納するには、やはり四角形である必要があるので、オーディオ収納以外の部分を斜めにする事にしました。
一番狭い部分で約41cmの奥行きです。
写真で見ても判り難いですが、斜めになっている部分が二列二段の引出になっています。
勿論上下の引出ともCD・DVDソフトを収納出来る高さがあります。
その隣二列がオーディオ収納で、フリッパー扉になっています。
扉を跳ね上げてそのまま奥へと収納できますので、オーディオ使用時には開けっ放しにする事が出来ます。
右端には小さな開き戸もあります。
右壁の奥にコンセントがありますので、ここにはモデムなどの機器類を収納しました。
この部分の格子にはスリットが入っていて、モデムなどの機器から出る熱を逃がす様になっています。
右上の細長い扉は、収納棚で内部には可動棚が入っています。

Y,Tさんのもう一つのコダワリはデザイン。
和風モダンがイメージとの事で、縦格子を多用したデザインにしました。
見ての通り、隣り合う扉や引出のつなぎ目が分からない様にしました。
オープンの飾り棚部分は結構悩みました。
出来るだけ支えとなる柱を入れたくないとの希望でしたので、左側に格子状の柱を配置し、右の収納棚まで柱の無い構造にしました。
ただ、これだけ長いスパンとなると、強度が無くなってしまいますので、壁の中の間柱にモクネジで固定する事で強度を補いました。
最初はどうなる事かと思いましたが、出来上がって見るとスッキリして、正に和風モダンと言った感じですね。
奥行きが60cmもある様には見えません。

横上方向から見たAVリビングボード
正面方向から見たAVリビングボード


三段式のローボード・デスク・サイドボード&吊り戸棚

三段式のローボード・デスク・サイドボード

W7692 D440
ローボード  H420
デスク    H680
サイドボード H1000
ウォルナット+タモ ウレタン塗装
東京都目黒区 T,K邸
2015年12月11日製作

T,Kさんのお住まいは、新築のコーポラティブハウスです。
建築家の方がかなり凝った設計をされていて、この三段階で高さが変わる基本プランも設計事務所からの指定です。
細かな部分はT,Kさんと私の方で相談しながら決めていきました。
設置場所は、玄関から繋がる廊下を渡り、リビングダイニングの突き当りの壁までの7m70cmの長さです。
ローボードの段がおよそ2m幅で、デスクとサイドボードの段の幅が2m80cm強づつあります。
本体はウォルナットの横目ですが、見せ場である天板の高さ変化を強調する為、天板はタモの黒色にして素材感に変化をつけました。
また、天板の下側を斜めに削った面形状にして、段の接合部を45度にカットした留め加工にしました。
うねうねと繋がる連続性を表現出来たのではないでしょうか。

サイドボードの右端は玄関部分になる為、下駄箱と傘収納になっています。
デスク部分は、右の引出と左の収納棚に天板を渡すだけの形になっており、多少のコストダウンになっています。
ローボードの天板奥(テレビの後ろ部分)には間接照明を仕込みました。
ローボードは全てオープン棚になっているので、ここもコストダウンに繋がっていますが、ウーハーやデッキ類が収まれば格好よく見えますね。
吊り棚には収納の目的以外に、エアコンを目立たなくするカバーの目的があります。
とは言え、見えない位まで隠してしまうと、風が流れなくなってしまいますし、故障の原因になりかねません。
正面のルーバーだけでなく、上下にも開口部を設けるようにしました。
また、デスクの上に当たる収納部分の下部には、LEDのダウンライト2頭がついています。

凄くカッコ良かったのですが、荷物等があって良いアングルで写真を撮れなかったのが残念です。
(腕の問題かもしれませんが・・・)

ローボード・デスク・吊戸棚
正面から見た写真


ローボード・デスク・オープン棚を自然に融合させたリビングボード

リビングボード正面

W4800 D500 H1530
オーク材 ウレタン塗装
東京都渋谷区  S,O邸
2015年10月10日製作

以前にもデスク壁面収納を作らせて頂いたS.Oさんですが、同じマンションの別の棟に引っ越すからまた作って欲しいとご依頼を頂きました。
伺ってみると、以前の部屋よりかなり広く、前回作った家具を移設しても5mあるメインの壁が手つかずの状態です。
私としては作りたい様に作れる格好の機会です。
とは言え、これだけ広い壁をどうすれば良いのか?
テレビ台としての機能が必要なのは確かですが、5m一杯をローボードにしても単調になってしまいます。
壁のワイド感を活かしつつ変化のあるリビングボードにしたいと考えました。
そこで、以前より温めていたプランを提案してみる事にしました。
まず、構成要素は、ローボードと簡易デスクとオープン棚です。
これら高さも奥行きも違う要素を自然な形で繋げるのが狙いです。
ローボードの高さが45cm、デスクの高さは72cmに設定しました。
その差が27cmある訳ですが、この差をそのままオープン棚の間隔としてリピートさせます。
その事により、ローボードとデスクの段差は、ただの段差ではなくオープン棚の一部に成りかわる訳です。
奥行きも、ローボードは45cm、デスクが50cm、オープン棚が24cmと、それぞれ異なります。
デスクの天板はローボード方向に向かうにしたがって、カーブを描きながらオープン棚の奥行きへと変化させます。
デスクの直上の棚もそのままでは邪魔になりますので、同じ様にカーブを描く形で奥行きを無くすようにしています。
その更に上の棚下にはLEDのダウンライトを取り付け、デスクを照らす様にました。
デスクの下部分の壁には既存のコンセントがありましたので、その前に扉を付けて配線を隠せるようにしています。
どうです?正面から見ると、オープン棚とデスクの堺が曖昧で、一体化しているように見えますでしょ。
そのおかげでローボードとオープン棚との繋がりも自然に見えます。
物を飾ると更にカッコよくなるでしょう。

デスクとオープン棚部分デスク側から見たローボード


G.Yさんのユニーク・リビングボード

ユニーク リビングボード

W2900 D450 H1757
オーク材 ウレタン塗装
横浜市神奈川区  G,Y邸
2015年5月17日製作

私も、最初は割とまともな設計をしたんです。
ご要望に応えつつ遊びの要素も加えて・・・悪くなかったと思いますよ、でもG.Yさんは納得しませんでした。
「何か」が必要だったのです、プラスαの何かが・・・。
そこで振り切った発想をする事にしました。
普通なら絶対しないようなデザインを。
基本はL型のリビングボードですが、それぞれ形や性格の違うバラバラの要素を組み合わせて構成しました。
一番下は壁全体の2/3程の幅の引出ボックスですが、その一部が欠けた形になっていて、そこに二段目のテレビ台が載る形です。
更にユニークなのは、引出ボックスよりテレビ台の方が奥行きがあり出っ張っている所、普通はこんな事しようとは思いませんよね。
テレビ台はその2/3幅がデッキ類の収納で、1/3は薄い引出とその上は床の間のような使い方をするテーブルにしました。
花なんかを大胆に飾って頂くと恰好イイと思います。
引き出しボックスの脇の残り1/3に、テレビ台部分がはみ出す形になりますが、そこは特注のステンレス脚で支えます。
デッキ収納部分の扉も凝りました。
ガラス扉以外の余計な物を表に見せない様にしました。
特注の金属フレームにスライドレールを取り付け、ガラス扉が前に引き出す形で開きます。
また、配線などが出来る様にデッキ類もスライド棚で引き出せるようになっています。
右側には縦長の収納を設けました。
飾り棚も欲しいという奥様のご要望にお応えし、ダウンライト付きのガラス扉収納を加えました。
ただユニークに作った訳ではなく、シンプルでスタイリッシュなイメージになるように心掛けました。
デザインも設計もかなり悩んだ苦心作、G.Yさんにも喜んで頂けました(笑)。

前に引き出すガラス扉デッキ類を引き出す為のスライド棚引出ボックスとテレビ台部分


K.Yさんのレコードプレーヤー収納リビングボード

レコードプレーヤー収納リビングボード

W2610 D450 H1895
合板材 ウレタン塗装
東京都中野区  K,Y邸
2015年1月23日製作

K.Yさんは新しいマンションに引っ越すにあたり悩んでいました。
家具を置ける壁は2m60cmあるのですが、そこ一か所したありませんので、その中で全ての要求を満たさなければなりません。
必要なのは、テレビ台としての機能と食器棚なのですが、悩ましいのはお父様が残されたオーディオを収納したいという点です。
大きなアンプとレコードプレーヤー・スピーカーがあり、レコードプレーヤーは当然上が空いて使える様にしなければなりません。
収納はしっかり確保したいとのご要望でしたので、レコードプレーヤーとテレビを足した幅分をローボードにして、それ以外は天井高一杯までの食器棚としました。
左端の上部分がレコードプレーヤー収納で、前蓋と天蓋の両方が開く様になっています。
(写真撮り忘れました~、何やってるんですかね。)
テレビの下のガラス扉内にアンプとデッキ類を収納し、その両脇にスピーカーを収納します。
更にもう一つ問題がありました。
居間にはリビング・ダイニング兼用の大きなテーブルセットを選んだのですが、そこからテレビを見る為には床から60cm以上の高さに設置し、なおかつテレビの向きを大きく変える必要がありました。
しかし、テレビが52インチと大きい為、据え置きタイプでは無理がありました。
そこで、壁掛け金具を取り付けられるだけの大きさのバックボードを取り付けて、そこにテレビを取り付ける事にしました。

何とかご要望をクリヤーし、予算も希望内に納める事ができました。

レコードプレーヤー収納リビングボード


6 5 4 3 2 1 

 

リビングボードカテゴリの最新記事