デスクトップ用からノートパソコン用に机を作り替えた話

デスク1163

W1163 D600 H1732
サクラ材 アンティーク色 ウレタン塗装
横浜市中区 M,N邸
2016年9月1日製作

M,Nさんは使い勝手が悪い為、机を買い替える事にしました。
ノートパソコンを二台並べて使用する事から、幅を目一杯広くしたかった事が一番の理由ですが、その他にも問題があります。
M,Nさんが今まで使っていた机は市販のパソコンデスクなのですが、デスクトップパソコンを想定した作りの為、色々と不都合な状態になっていました。
デスクトップパソコンの場合、キーボードはスラドカウンターに載せて、引き出して使う事を前提にしています。
その為、この机でノートパソコンを使うと、天板は69cmと高過ぎますし、脚はプリンターにぶつかって奥まで入らないという事になります。
その状態で使用していた為、自宅での仕事が増えたM,Nさんは、腰痛に悩むようになったとの事です。
そこで、幅と奥行きを可能な限り広げた上、プリンターを右に寄せて脚の入るスペースを確保しました。
プリンターはスライド棚により、手前に引き出す事もできます。
デスク天板の高さは73cmにし、天板下には薄い引出も付ける事が出来ました。
良く使う本や書類は手近に置きたいですよね、その為の本棚も上部に取り付けました。
これで腰痛も良くなるんじゃないかな。

プリンター収納を引き出した所