1800幅のカウンター下収納+小扉

1800幅のカウンター下収納+小扉

W1985 D255 H798
メラミン合板(内部ポリ板)
横浜市戸塚区 K,K邸
2016年6月29日製作

K,Kさんのお宅のカウンター幅は1990mmあります。
壁側から10cmくらいの所にコンセントがあり、その真上に配線孔がある構造です。
カウンターの奥行きは28cm程度です。
奥行きが浅いですが、マンガや単行本を収納するには十分な奥行きです。
ただし、コストは極力抑えたいとの事なので、チョット工夫しました。
使用する合板はサブロク版と言う1800×900のサイズなのですが、今回は幅が2m弱ありますので寸法が足りません。
そこで、1800mm幅の4枚扉のカウンター収納を普通に製作し、足りない分は、200mm弱の小扉を側面に取り付けるだけの構造にしました。
ただし、小扉を付けただけでは、閉じた時に安定しませんので、戸当たりになる天板枠も取り付けています。
丁度、壁のコンセントと配線孔の位置になるので、配線のゴチャゴチャをカバーする為のスペースになりました。
また、扉の下は1cm程の隙間になっているので、差し込み口を隠しながらコードを引き出す事も出来ます。

一緒に製作した「壁付け棚板とキッチン収納棚」はこちら

壁コンセントを隠せる小扉の様子