半円テーブル 作例集

半円テーブル 作例集

E,Kさんの半角半円テーブルと小上がり用テーブル

半角半円テーブルとシープチェア

半角半円テーブル  W1300 D1140 H700
サクラ材 ウレタン塗装
小上がり用テーブル  W682 D682 H370
アッシュ材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  E,K邸
2014年9月1日製作

E,Kさんのご依頼はテーブル二点。
一点目は4人掛けのダイニングテーブルですが、設置場所のカウンターと窓の間が狭くて普通の長方形ではキッチンへ行く動線が確保できないのが問題でした。
そこでE,Kさんは半円形のテーブルにする事を考えました。
ただしそこには問題もあり、単純な半円形では椅子4脚は上手く納まらないのです。
そこで、半分までは角型で途中から半円になる形を採用、椅子4脚を収める為にテーブルの脚は三本脚としました。
半円・三本脚のテーブルは、上手く設計しないと不安定になり場合によっては転倒しやすくなってしまいますので注意が必要です。
今回は天板を厚くし脚も太くして重量を稼ぐ事で、安定性を確保しました。
省スペースで4人座れる理想的な形になりました。
もう一つは小上がり用の小テーブルです。
小上がりはリフォーム時に既製品を利用して作ったそうで、この穴に上手く嵌る寸法でテーブルを作りました。
天板の縁分部は、滑し加工と浮造り加工で和の雰囲気を出しました。

半角半円テーブルとシープチェア 小上がり用テーブル 小上がり用テーブル


H,Mさんの半円テーブル

半円テーブル

W1700 D850 H700
ナラ 無垢材 ウレタン塗装
横浜市港北区  H,M邸
2005年6月12日製作

三人家族のH,Mさんは、半円のダイニングテーブルをキッチンカウンターの壁に接する様に置く事でスペースの節約が出来、リビングを広く使えると考えました。
確かに一般的な長方形のテーブルは四人用で、一人分が無駄になっている訳ですから理に適っています。
しかし、見落としがちなのは、椅子をキチンと収納出来るかどうか?という点です。
人が座っている状態では、椅子はテーブルの外側に位置しているので問題はないのですが、
半円テーブルに椅子を収納しようとした場合、椅子は円の中心に向かって集まってきますので、椅子の前脚どうしがぶつかる様になってしまいます。
ですから、半円テーブルを設計する時は、椅子どうしがぶつからずに収納出来る大きさを考える事が重要です。
検討の結果、大きさは幅1700mm・奥行850mmの半円形となりました。
天板は厚み35mmのナラ無垢材を使用し、四本脚で設計しました。
家族三人分の椅子がきちんとテーブルに納まりました。

半円テーブル

テーブル&チェアカテゴリの最新記事