ボックス積みタイプのAVリビングボード

ボックス積みタイプのAVリビングボード

ボックス積みタイプのAVリビングボード

W3526 D451~286 H2288
サクラ 練り付け 着色 ウレタン塗装
横浜市港北区  K,O邸
2012年製作

リフォームによって生まれた左右の壁の奥行違いを利用して、深さの有る左側にはAV機器類を収納し、薄い右側には本やCDを収納するようにしました。
写真では分かりませんが、AV機器類の後ろの壁には扉が隠れていて、裏の部屋から直接配線が出来る様になっています。
右端の大きい引出にはシュレッダーを収納しています。
当店得意のBOX状の違い棚には、薄い引戸をつけて、「半分は隠し、半分を見せる収納」にしました。
引戸扉で部分的に隠す事によって見た目のリズム感が生まれますし、木の質感も見せる事ができます。

正面の写真 収納した状態の写真 収納した状態の写真 正面

壁面収納カテゴリの最新記事