ラック・収納棚 作品集

ラック・収納棚 作品集

S,Kさんの納戸用ラック

納戸用ラック

W2534 D450 H1800
杉材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  S,K邸
2013年0月27日製作

お得意様のS,Kさんよりご相談を頂きました。
納戸として使用している部屋の片づけで、かさばる物を収納できるラックを作りたいとの事。
見せる家具ではないので極力安く済ませたい所ですが、幅が2500㎜高さが1800mmもあると中々そうもいきません。
材料には杉材を使い、ノックダウン方式で作り現場で組み立てました。

納戸用ラック


H.Nさんの防湿庫ラックとお仏壇台

防湿庫ラック

防湿庫ラック  W879 D373 H1065
お仏壇台    W750 D450 H900
オーク材 ウレタン塗装
東京都品川区  H,N邸
2015年10月1日製作

カメラの趣味をお持ちのH,Nさん。
カメラやレンズをカビの発生から守る為に、湿度をコントロールできる防湿庫を購入しました。
しかしこの機械、背が低くいかにも上の空間がもったいない感じです。
そこで、この防湿庫を跨ぐ形で上にラックを設けたら良いのではないかと考えました。
H,Nさん自らが設計したプランに修正を加えて完成させました。
高さは隣のチェストに揃えています。
防湿庫ラックに気を良くしたH.Nさんは、続いてお仏壇の台もご注文下さいました。
観音扉の内部は、レコードを収納出来るサイズにしてあります。

お仏壇台


おまけ、サーフボードラック

サーフボードラック

W1120 D397 H180
ナラ材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  Y,Y邸
2011年5月14日製作

「ゴミ箱収納付きキッチンボード」と一緒にご注文頂きました。
出来るだけ低コストでと言う事で、石膏ボードの壁にボードアンカーで固定するタイプにしました。
なので、ぶら下がったりはできません。
おまけと言うか、こちらがメインだったのかも・・・中々これだけでは注文しづらいですからね (笑)。

サーフボードラック


K.Sさんの隙間家具

隙間家具

W492 D304 H1991
ナラ材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  K,S邸
2009年6月25日製作

北欧デザインが好みと仰るK.Sさんは、リビングに置ける学習デスクを考えました。

(一緒に製作した「学習デスク」の詳細は別記事にしました。)

もう一点は隙間家具。
マンションの場合、キッッチンとダイニングを仕切る壁に、こんな変な隙間よくありますよね。
一応カウンターなどついていたりするのですが、どう使うの?って感じです。
K.Sさんは使い道の無いこのスペースを収納に使う事にしました。
色はキッチンに合せてダークブラウン、ガラスもブロンズ色にして、中の物が落ち着いた感じに見えるようにしました。
既存カウンターと下台との隙間は、ノートパソコンをしまっておく為のスペースです。
下台は嵌め込んでいるだけなので、柱の点検孔を使う必要があった場合でも安心です。

隙間家具


U.Sさんのプリンターラック

プリンターラック

W640 D600 H1980
合板材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  U,S邸
2007年10月7日製作

U.Sさんは、前にTVボードを作らせて頂いたI.Nさんのお友達。
U.Sさんの仕事場には、1mチョットの凹んだスペースがあります。
こういう凹みって、何んだかキレイに埋めたくなりますよね。
U.Sさんは、ここを白のスチール製のチェストと3台あるプリンターで埋める事にしました。
プリンターと言っても仕事で使う物ですから、一般的な家具の奥行きでは入りません。(下の方にチョコッと写っているのがそれ。)
オーダーで作るとこの通り。まるでスチールのチェストとお揃いのようにスッキリ仕上がりました。
(寸法がピッタリすぎてチョット冷や汗が出ましたが・・・)

プリンターラック


S.Yさんの納戸用の収納棚

Before
こちらが、収納棚を設置する前の状態です。

W770 D528 H1000
シナ材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  S,Y邸
2007年8月4日製作

四度目登場のS.Yさん。今回は実用品です。
キッチン脇の納戸を食品庫等に利用しているのですが、
住宅の納戸って奥行きがあり過ぎたり、棚の間隔も広い為に、細かい物は逆に収納しづらいものですよね。
案の定といいますか・・・写真の通り、やりきれない状態になっていました。
そこで私の出番と相成りました。

考えなければならないポイントとして、
① 天井の点検孔は使える様にしておく事。
② 間口が狭いので、家具をどうやって中に入れるか?
③ 柄の長いモップもしまいたい。
④ 見えない所なので、まずはコストを掛けない。
と、言った所です。

大きい米袋などもあるので、下の方はそのままにして、
細かい物を効率良く収納できるように、スライド式本棚の様な物を、中で組み立てるようにしました。
ポイントなのは、天井一杯まで作らずに、雑誌などが収納出来るだけの寸法を残してある事です。
さらに天板の奥行きを短くしておく事で、点検孔も使えますし、天板の上に乗せた雑誌も取り易くなっています。
柄の長いモップは、既存の中棚の奥行きを短くカットするだけで解決させました。

教訓 「大は小を兼ねる、とは限らない・・・。」 T.K

納戸用収納棚 納戸の上部 納戸の下部

その他の家具カテゴリの最新記事