斜め15度のテレビリビングボード

斜め15度のテレビリビングボード

斜め15度のテレビリビングボード

W2100 D858 H1251
本体-ナラ 練り付け 前板・扉枠-ナラ 無垢材 ウレタン塗装
横浜市港北区  T,S邸
2009年製作

T.Sさんのお住まいは建築家が設計した注文設計です。
リビング・ダイニングルームを平面図で見ると、テーブル・キッチンカウンター・壁が全て違う角度に設計されていて、複雑な空間になっています。
リビングボードを設計する場合、果たしてどの角度に合わせるのがいいのやら?迷ってしまいました。
結論としては、テレビ台の角度はテーブルからテレビが見やすい15度の角度にして、オープンの飾り棚は壁に沿う様に薄く低くしました。
また一つ違う角度が加わった事になりますが、装飾性の無いあっさり目のデザインにする事で、建物の一部の様に上手く溶け込ませる事ができました。
テレビ台は三角形に近いコーナー形になりましたので、奥行が左右で大きく違います。
まず、中央の部分はガラス扉にして録画機器を収納し、奥行が狭くなる右部分はフラップ扉にして雑多な物を収納する場所としました。
左端は二段の引出にして、奥行きの深さを有効に利用できるようにしました。
実に当店らしい家具に仕上がりましたね。

コーナーのテレビリビングボード 前板が斜めになった引出し

コーナーテレビ台カテゴリの最新記事