オーダー家具 作例集 15

オーダー家具 作例集 15

2009年1月から2009年6月までのオーダー家具作品をまとめた「オーダー家具作例集」15ページ目です。

このページのオススメ作品

ローボード正面絶景を眺める書斎コーナー左から見たサイドボード壁面リビングボード使用状態

シンプルな変形デスク

絶景を眺める書斎コーナー

横浜市中原区 H,Aさん
2009年6月27日製作
W1615 D1021 H730
天板部-ウォルナット 練り付け ウレタン塗装  脚部-スチール角パイプ 黒焼き付け塗装

タワーマンションの角部屋に設けられた書斎スペースです。
この奇妙な形の空間を魅力的な書斎スペースにするには、オーダー家具で作るしかありません。
眺望は最高なのですが、スペースが変形し過ぎていて市販のデスクが置けないのです。
普通なら壁際にデスクを置く所なのですが、そうすると手前が狭いために座る部分が窮屈になってしまう訳です。
そこで、扇型のように広くなっている奥を活かす為、窓際の形に添ったへの字型のデスクを置く事にしました。
ただその場合、窓の下端がデスクの影に隠れてしまう事になるので、脚部は16mm角のスチールフレームで支える構造にして、への字型の天板が空に浮かんでいる様なデザインにしました。
この状態なら大きな窓も活きますし、窓拭きなどのメンテナンスも可能です。
H,Aさんの好みは、シンプルでカチッと角の立ったデザインなので、H,Aさんの好みにも合いました。
天板の下には、薄い引出を一杯だけ取り付けました。

この眺めは成功者の証し、憧れですね!
でも、僕なら景色に見とれて、仕事しないだろうな~。

ウォルナットの変形デスク 変形デスクの全体像


リビングに置く学習机

デスクトップと書棚

横浜市神奈川区 K,Sさん
2009年6月25日製作
W1200 D500 H1680
天板・脚-ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け ウレタン塗装

北欧デザインが好みと仰るK.Sさん。
まだ小さいお子様の為にリビングにも置ける学習デスクを考えました。
幅50cm奥行き28cmの書棚に天板を連結したシンプルなデスクです。
書棚は幅が無いですが高さがあるので、収納力も十分あります。
奥行きが無いので、リビングに置いても圧迫感が無いですし、教科書なども取り出しやすく機能的ですね。
コンパクトにまとまった、とても明快なデザインだと思います。
前後が同一の仕様で作られていますので、左右の向きを変えて設置する事も出来ます。
これなら子供部屋に移動する事になっても、レイアウトに困る事はないでしょう。
写真撮影がイマイチでしたが、実物はシンプルで綺麗でしたよ。
商品化されてもおかしくない完成度の高さじゃないでしょうか。

机正面


K.Sさんの隙間家具

隙間家具

横浜市神奈川区 K,Sさん
2009年6月25日製作
W492 D304 H1991
ナラ材 ウレタン塗装

北欧デザインが好みと仰るK.Sさんは、リビングに置ける学習デスクを考えました。

(一緒に製作した「学習デスク」の詳細は別記事にしました。)

もう一点は隙間家具。
マンションの場合、キッッチンとダイニングを仕切る壁に、こんな変な隙間よくありますよね。
一応カウンターなどついていたりするのですが、どう使うの?って感じです。
K.Sさんは使い道の無いこのスペースを収納に使う事にしました。
色はキッチンに合せてダークブラウン、ガラスもブロンズ色にして、中の物が落ち着いた感じに見えるようにしました。
既存カウンターと下台との隙間は、ノートパソコンをしまっておく為のスペースです。
下台は嵌め込んでいるだけなので、柱の点検孔を使う必要があった場合でも安心です。

隙間家具


S.AさんのTVローボード1730&吊り棚

TVローボード

東京都目黒区 S,Aさん
2009年6月21日製作
ローボード  W1370 D525 H550
吊り棚    W1400 D200 H251
ナラ材 ウレタン塗装

海外赴任から戻り、ようやく新居に住める事になったS.Aさん。
テレビを載せるローボードは収納を確保しつつ、横長のオープンスペースのある形が希望です。
左右の引き出しは上下二段分を繋げて、お子様の玩具もしまえる大引き出しになっています。
天板にはナラの無垢板を使用。
前面は緩やかなカーブをつけて、柔らかな木の質感を表現しました。
二箇所ある壁のコンセントは、家具の裏側に空間を設けて、配線ごと被せる様に覆い隠しました。
壁に取り付けた吊り棚には、小型のスピーカーと、ちょっとした飾り物が載る予定です。
(テレビの大型化に備え、少し高めの位置に取り付けました。)

TVローボード


北欧テイストのサイドボードⅢ

左から見たサイドボード

東京都目黒区 S,Aさん
2009年6月21日製作
W1200 D305 H755
天板・脚部-ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け オイルフィニッシュ

このサイドボードは、階段と階段の間の壁に置かれます。
頻繁に通る通路の為、奥行きは30cmが限度です。
ここでも「収納」を採るか、「見た目」を採るかのせめぎ合いがありましたが、こちらは「見た目」を採っちゃった感じです。
デザインは、ダイニングテーブルの脇という事もあり、脚の長い腰高なデザインに仕立てました。
見た目を採ったとは言え、薄めで幅のある引き出しは、コマゴマした物を収納するには持って来いです。
何だか昔の足付きステレオを彷彿とさせる雰囲気ですね。
棚付きの丸脚や、細い引き手など、小さいながらも北欧テイストでデザインにこだわりました。

右から見たサイドボード


K.Yさんのコーナーテレビ台

コーナーテレビ台

横浜市青葉区 K,Yさん
2009年6月14日製作
W1100 D500 H1060
ウォルナット材 ウレタン塗装

今回はK.Yさんからの持ち込み企画です。
K.Yさん自ら設計された図面を、ほぼ忠実に具現化しました。
極シンプルなコーナー台に壁を立てて、そこにテレビを取り付けるデザインです。
意外な事に、壁掛け式テレビは今回が初登場ですね。
一番の問題はテレビの加重を支える壁等の強度ですが、K.Yさんの設計ではその点も十分な構造になっていましたので、柱のジョイント方法をアレンジしただけで済みました。
自分で考えた物が、プロの仕上げで実現するのって楽しいですよね。
今回の様なシンプルなコーナーTV台をお探しの方が結構多いようなので、参考になるんじゃないかな。

コーナーテレビ台 テレビを支える支柱部分


ライティングデスク風のお仏壇

ライティングデスク風お仏壇

東京都世田谷区 T,Nさん
2009年5月24日製作
W1000 D450 H1150
ヤマザクラ 無垢材 本体一部-練り付け オイルフィニッシュ

お得意様のT.Nさん。
奥様の骨壷がようやく出来上がったとの事で、お仏壇の製作に取り掛かりました。
作家さん渾身の出来というだけあって美しい骨壷です。
T,Nさんのオーダーは、そのままインテリアになる様にライティングデスク風にするという事。
脚の形状、各部のバランスなど、美しいデザインになる様にお客様とこだわって決めていきました。
材料には山桜を使用、お部屋の雰囲気にも良くマッチし優しげな仕上がりになりました。
アンティークや南仏風のデザインが好きだったという奥様の為に、そのテイストを織り込んで設計したのですが、喜んで貰えたかな・・・。

扉を開いた状態


たまご型サイドテーブル

たまご型サイドテーブル

川崎市中原区 K,Mさん
2009年5月21日製作
W741 D532 H275
ナラ 無垢材 ウレタン塗装

二段ベッドのK.Mさんからの新たな依頼は、ソファで使うサイドテーブル。
脇に置いたり、移動して使ったりとフレキシブルに使えるコンパクトなテーブルです。
K.Mさん考えたイメージは、タマゴ型の片持ち構造で、ベース部分はUの字型と云うものでした。
特に難しかったのはUの字型のベース部分です。
安定性を確保しながら、製作可能でバランスの良い形を見つけるのに苦心しました。
最終的には、昔流行ったアトミック型っぽい形にする事でイメージをまとめる事ができました。
小さな家具は割高感が出てしまいますが、これが在る事でソファでの過ごし方が変ってきますよね。
拘って作っただけの甲斐があった一品だと思います。

 

ソファで使うサイドテーブル


ダイニング脇の壁面収納デスク

壁面収納デスク

東京都港区 I,Mさん
2009年5月17日製作
W1628 D566 H2491
天板・固定棚-ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け ウレタン塗装

ご主人様の書斎コーナーです。
子供がいると、中々自分のスペースを分けて貰えないのは世のお父様方共通の悩みですよね。
I.Mさんの場合は、ダイニング脇の凹んだスペースを書斎用に改装する事になりました。
と、云っても元々荷物置き場状態だった場所なので、他の収納も兼ねなければなりません。
また、奥様はちょっと面白みのある飾り棚も欲しいとの要望。
決まったプランは収納と飾り棚で窓を取り囲む形となりました。
特筆すべきポイントは、デスクの引き出し。
あぐらを掻いて座る事が好きな為、天板下の引き出しは座る際に膝がぶつかってしまいます。
そこで、普段は奥の方に押込められる様にしました。
窓を横切る棚は、プリンターを載せる為の物、と同時に照明器具も付けました。
悩んだ甲斐あってスッキリ違和感の無い納まりになりましたね。

壁面収納デスク正面


センタースピーカーを載せたテレビローボード

ローボード正面

横浜市港北区 N,Mさん
2009年4月6日製作
W3480 D500 H450+TV台171
本体-ナラ 練り付け 着色 ウレタン塗装

N,Mさんのお住まいは、広いリビングが特徴の新築住宅です。
そのリビングの壁幅に合わせて作った、長さ3m48cmのローボードです。
N,Mさんからのご要望は主に2点ありました。
一つ目は、ローボードとテレビの間にヤマハのサラウンドスピーカーを置きたいので、スピーカーの上にテレビ専用の台を設ける事。
ローボードの上にスピーカーとテレビを重ねて載せる訳ですから、その姿が違和感の無いように見せる事が重要です。
そこで、テレビ台の板を12mmのステンレスパイプの柱で支えるようなデザインを考えました。
ステンレスパイプは細くて存在感が希薄なので、テレビを載せた板を浮いたように見せる事が出来ます。
これで、テレビ台の存在を目立たせない形で、スピーカーとテレビを重ねて設置する事が出来ました。

二つ目は、配線をしやすくする事です。
配線の問題を解決する為、テレビ台はローボードから独立させ、動かす事が出来る様にしました。
つまり、テレビ台の下(ローボードの天板後側)には大き目の配線孔が開いており、テレビ台を手前に動かすと配線用のスペースが現れる訳です。
これなら、録画機器の裏側を上から覗き見られますから、楽に配線する事が出来ます。

ローボード部分はコストを意識して、シンプルな設計にしました。
3m48cmの横幅は三分割し、三つのローボードを単純に横に連結するスタイルです。
扉は横長のフラップ扉にして、扉の枚数が少なくて済むようにしました。

斜めから見たローボード テレビとの配線用の孔


ソファの後ろに置くキャビネット

ソファの後ろに置いたキャビネット

東京都調布市 S,Nさん
2009年3月15日製作
W1176 D400 H1523
ナラ 練り付け アンティーク塗装

今回の家具は、まさに「オーダー家具をデザインする」当店ならではと言える作品です。
事実、S.Nさんは何社かにプランの依頼をしたそうですが、希望を叶えてくれるデザインには出会えなかったそうです。
S.Nさんのオーダーは、ソファと壁に挟まれる形のキャビネットで、ソファに隠れる部分がキャスターで引き出せるという家具です。
なにもそんな無理な置き方をしなくても?と思われるかもしれませんが、これは結構要望のある話しなのです。
実際、S.NさんのLDはほぼ真四角(この正方形のLDというのが曲者で、意外と家具が置けない形です。)で、快適な家具の配置を考えると、やはりこの様な配置にならざるを得ないと思いました。

このプランを魅力ある家具にする為の一番のポイントは、上の本体を支えて、なおかつワゴンをまたぐ形になる下の支えをどの様な構造にするか?にあります。
一般的には、製作し易い箱型で考えがちですが、そうすると大きなノッペラな箱の上に飾り棚が載った形になり、格好の良い代物とは言えません。
(他社では皆その様なデザインだったようです・・・。)
解決策は、脚の長いコンソールの下にワゴンが入るイメージ。
ワゴンの上段は上からの収納、下部は障子の和室側から出し入れします。さらに手前側はゴミ入れになっています。
本体の小さなフラップ扉には、ノートパソコンやデジカメを収納する為、内部にコンセントを付けました。
シンプルなデザインですが、仕上げはあえてアンティーク塗装で味のある仕上げにしました。

難問な依頼でしたが、その期待に応える事も私の喜びです。

収納ワゴンをスライドした状態 収納ワゴンの反対側 フラップ扉を開いたところ


兄弟の勉強机

兄弟の勉強机

横浜市泉区 K,Hさん
2009年2月22日製作
W2000 D490 H300・325・350・375 四段階
天板・マク板-ナラ 無垢材 側板-ナラ 練り付け ウレタン塗装

K.Hさんのオーダーは、二人の兄弟が共同で使う文机、シンプルに2m一続きの板を天板にしたロング机です。
奥行きは49cmと省スペース。
ポイントは、二人がまだ小さいので、高さ調節が出来る形にした事です。
実際に座った状態を計測してみると、30cmが良い高さと判明しました。
そこで、両サイドの側板を取外し式とし、高さ30cmから25mm間隔で取付け位置を上げられるようにしました。
(最大で37.5cmです。)
中央の補助脚には、25mmづつ下駄を履かせていく形です。
これなら自然と机に向かいそうですね。

K.Hさんから素敵な写真が届きました。
ちんまりと座ってますね~。
絵日記を書いてるそうです。
どんな事書いてるのか、そっと覗き見したくなりますね。
そう、そう、このZライトのクランプを取付けられる様にした点も設計のポイントでした。

勉強机正面 勉強している様子 スタンドを点けた机


横分割で圧迫感を軽減した壁面リビングボード

壁面リビングボード使用状態

東京都港区 I,Mさん
2009年2月21日製作
W3076 D500 H2098
本体-ナラ 練り付け 扉・前板-ナラ 無垢材 ウレタン塗装

港区のマンションにお住まいのI.Mさん。
都会の高層階なのに、不思議と田舎暮らしを思わせる落ち着いたお住まいです。
I.Mさんのイメージは、ナチュラルなローボードスタイルのTV台、しかし本棚も兼ねる必要がある為、圧迫感の無いデザインが希望でした。
ポイントは圧迫感に繋がる本棚の存在感を極力抑える事。
左右の本棚は空間を縦長に分割し圧迫感になりますが、中段の中棚を壁から壁まで通して横に分割する事で、横長の空間に変換させました。
これにより水平ラインが強調され、ワイド感のあるローボードスタイルに見せる事ができました。

壁面リビングボード正面


H.Tさんのプリンター収納ワゴン

プリンター収納ワゴン

川崎市麻生区 H,Tさん
2009年2月1日製作
W791 D588 H776
ブナ材 ウレタン塗装

以前にローボードとロッキングチェアーをお求め頂いたH.Tさん。
今回は、カウンターデスク周りのプリンターやら配線やらを、スッキリ片付ける為の収納ワゴンのオーダーです。
壁とパイプ支柱の間80cm強のスペースに、複合プリンターを横向きに収納し、既存のスチール製書類ケースも一緒に収納しちゃいました。
左の壁にコンセントの挿し込みがある為、コンセントを挿したままワゴンを引き出せる様に、左側面は凹型の構造になっています。
さらにスチールケースの裏側には、モデム等の収納扉もあり、見た目には分かりませんが、ビッチビチの寸法で設計されています。
いや~、よくぞ収まりました。
この苦労を伝えきれないのが残念なくらいです。

プリンター収納ワゴン


シェーカー風カップボード

シェーカー風カップボード

川崎市中原区 H,Mさん
2009年1月27日製作
W878 D419 H2190
本体-ナラ 練り付け 前板・扉枠等一部-ナラ 無垢材 白着色ウレタン塗装

ナイトテーブルを作らせて頂いたお母様からのご紹介です。
お伺いしてみると、むむっ、アンティークテイストでまとめられていて、中々のインテリア好きの様です。
当初は、収納を増やす為の単純な収納戸棚をお考えでしたが、打ち合わせを進めていくうち徐々に変化が・・・。
しかし、あくまで補助的な家具なので主張しすぎない事が今回のテーマです。
そこで、ナラ材を白色に着色して風合いを残しつつ存在感を薄める事にしました。
デザインは他の家具との兼ね合いを考え、控え目なシェーカー風にする事で意見が一致しました。
中央のオープンは、見せる収納にして家具の存在感を和らげるのが目的です。
ここにキレイな色が入ると断然見栄えが違うんですよね。
シェーカー教徒によってデザインされた禁欲的な装飾は現代生活の中でも上手く馴染む事ができます。

カップボードのアップ


オーダー家具 作例集カテゴリの最新記事