オーダー家具 作例集 14

オーダー家具 作例集 14

2008年11月から2009年1月までのオーダー家具作品をまとめた「オーダー家具作例集」14ページ目です。

このページのオススメ作品

書棚付きデスク模型展示台ドレッサーチェスト

大人テイストのウォルナットサイドボード

ウォルナットサイドボード

東京都世田谷区 S,Hさん
2009年1月25日製作
W2900 D420 H851
ウォルナット 練り付け オイルフィニッシュ

三回目登場のS.Hさん。
前回のテーブル と 前々回のローボード
今回はローボードの対面に置く、2m90cm幅のサイドボードです。
この大きさになってくると、分割式にする必要が出てきますが、天板は分割なしの通しにしました。
全体の構成は、落ち着きのあるシンメトリーを採用。
横幅の広さを活かした、ゆったりしたデザインです。
両サイドのワイドな引出しは、煩雑になりがちな書類(大きな封筒など)が縦に収納できる奥行きを確保、中央は本を収納する観音開きの扉です。
格子扉の上1/4をガラスとし、アクセントにしています。
ローボードと共通の格子のデザインを取り入れながら、昔の箱型のステレオを思わせる印象の違うデザインに仕上げました。
バランスを重視し、S.Hさんと何度も意見交換した苦心の作です。
落ち着いた大人好みのテイストではないでしょうか。

サイドボード正面 横から見たサイドボード


PCデスク・ドレッサー兼用チェスト

PCデスク・ドレッサー兼用チェスト

東京都大田区 B,Kさん
2009年1月19日製作
W2250 D460 H750+ミラー440
ナラ 練り付け 着色 ウレタン塗装

B.Kさんのオーダーは、「寝室の壁面に並ベて置いてある、チェスト・ドレッサー・パソコンラックの三台の家具を一つに纏めてスッキリさせたい」と言うものでした。
右側は、引出しの幅をゆったりと取ったチェストで、スライドレールで開閉も楽に出来ます。
左側には得意のプリンター収納と、お化粧品入れを付けたドレッサー兼用のデスクにしました。
B.Kさんのお住まいを拝見して、シャープなデザインがお好みと感じたので、シャープなディティールにコダワってみました。
斜めに落ちた天板面の角度と、側板の角度が上手く合わさる凝った接合部が見どころです。
(天板の方の角を、側板よりほんの少し飛び出させているのが写真で判るでしょうか?)
引出しに付けた細い引き手のラインが、家具の水平ラインを強調したデザインになっています。
シャープで角ばった印象のデザインに仕上がりました。

ドレッサー兼用チェスト正面


Y.Kさんの作業テーブル&ミドルボード1200

ミドルボード1200

横浜市神奈川区 Y,Kさん
2009年1月18日製作
W200 D420 H1050
ナラ材 ウレタン塗装

ご自宅で水彩画によるセラピーを行っているY.Kさん。
絵を描く為の作業テーブルと書類収納棚のオーダーです。
まず、椅子はお気に入りのシープチェアーで決まり。
画板を置けるサイズと言う事で、テーブルは1300×1000mmと奥行きの深い寸法になりました。
書類収納の為のミドルボードは、工場の規格品を大幅に改良した形です。
この上に小さめのイーゼルを置いて絵を描くと言う事で、決まった高さの中で如何に効率良く収納出来るかが課題でした。
大きな引出しは、膝の悪い奥様が楽に書類の出し入れが出来るようにと言う、ご主人様の配慮です。
色は、既存の家具に合せて落ち着いた色調に統一しました。

作業テーブルとシープチェアー


電動スクリーン内臓シアターボード

シアターボード

横浜市神奈川区 I,Sさん
2009年1月17日製作
W2550 D585 H2396 (プロジェクターボード W1300 D450 H2300)
本体-タモ 練り付け 着色 ウレタン塗装

今回はお客様からの持込企画です。
建築関係のお仕事をされているI.Sさんは、シアターボードとプロジェクターを設置する為の家具を自ら設計されました。
(コンピューターグラフィックスの完成予想図まで・・てっ、うちより技術があるじゃないですか!)
テレビとオーディオ機器を納めたリビングボードの上部から、電動スクリーンが降りてくる設計です。
その正面には柱状の家具を立てて、その上部から張り出すような形でプロジェクターを設置する計画です。
しかし、設計通りに家具が作れると言うものでもありません。
やはり、家具作りのノウハウが必要となります。
I.Sさんのイメージを最優先にして、さらに完成度を高める事を目指しました。
まず問題になったのが、シアターボードのスピーカーを収める部分が両サイドの側板と金属パイプ一本だけで支える構造になっていた点です。
重量のある電動スクリーンを支えるにはさすがに強度不足と考え、ここだけは補強の為スピーカーの裏側に裏板を入れさせてもらいました。
プロジェクター台の折畳みテーブルの脚も、床を擦る事無く開閉できるように工夫しています。
(地味に、ここもポイントなのです。)
それぞれマンションの梁部分に突っ張る形で固定されています。
(電動スクリーンとプロジェクターはメーカーさんの方で設置して頂きました)
コンピューターグラフィックスのイメージ通りに仕上げる事ができました。

スクリーンを降ろした状態 テーブルを開いたプロジェクター用ボード プロジェクター用ボード


O.AさんのTVリビングボード1400

テレビリビングボード

横浜市港北区 O,Aさん
2008年12月21日製作
W1400 D450 H1552
ナラ材 ウレタン塗装

1m40cm幅にテレビ、その上にミニコンポを置きたいと考えていたO.Aさん。
市販品だと箱型のありきたりな形になってしまう為、当店へ依頼する事となりました。
変ったデザインとのことで、H.RさんのAVボードを発展させたデザインにする事にしました。
難しいのは、コンポを載せる棚をどう見せるか?です。
テレビを箱型に囲む形にしたくないと要望なので、出来るだけ存在感の薄い構造にしました。
さらにその場合、コンポのボリュウム感が目立ちすぎて、不安定に見える可能性がありましたが、柱が棚を突抜ける形にして、ブックスタンドの様にする事で緩和させました。

テレビリビングボード


森をイメージしたリビングボード

森をイメージしたリビングボード

東京都文京区 S,Sさん
2008年12月17日製作
W1900 D470 H1476
天板・前板・柱-ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け ウレタン塗装

文京区のS.Sさんは、当店を見込んでリビングボードをご依頼下さいました。
と言うのも、S,Sさんが求めていたのは、特殊な寸法や機能ではなく、デザインにコダワリたかったからです。
S.Sさんがイメージするのは、木の優しい質感と軽やかなデザインのリビングボードです。
基本的な形は、ベースとなるローボードの上に小さなテレビとオープンの飾り棚を載せるスタイルです。
しかし難点だったのは、S,Sさんが部屋の模様替え好きで、リビングボードも形を組み替えられる様にして欲しいという点です。
そこで、比較的簡単に組み替えられる方法として、棚板とねじ込み式の丸棒でオープン棚を組み立てるデザインを考えました。
丸棒はオネジとメネジに分かれていて、棚板を挟んで締める事で固定できます。
三段の棚板を三列六本の柱で支えます。
この六本の柱を、円錐形に加工してツリーを表現する事を思い付きました。
柱が幹とすると、棚板は枝葉です。
そこに飾り物を載せると、森の木々に留まる鳥や妖精のように見えてきます。
S.Sさんの希望に叶った、個性的なデザインになりました。

飾り棚接写


趣味の模型展示台

模型展示台

横浜市港北区 T,Tさん
2008年12月14日製作
W828 D608 H1000
バーチ材 練り付け 指定色 ウレタン塗装   カバー アクリル

今回は、なんじゃこりゃ~的衝撃作品の紹介。
鉄道模型を趣味とするT.Tさんは、模型に目がありません。
マンション販売センターが閉鎖すると聞き、展示してあった建築模型を、貰い受けてきてしまいした。
しかし、マンションの建築模型なんて一般のご家庭向きな大きさではありません。
この問題を解決するには、もう当店にオーダーするしか方法はありません。
まず、出来るだけ小さくする為、模型の台座からマンション部分だけを切り離す事にしました。(これが結構大変。)
それでも80×60cm程もあります。
模型を鑑賞し易くする事と、よりコンパクトにする為に、木枠で囲うのではなくアクリルケースで覆う形にしました。
また、設置場所も不確定との事で、キャスター付きにして、移動可能にしました。
引出しには、鉄道模型の箱を収納します。
これだけの引出しがあれば、かなり入りますね。
あ、模型マニアと言うのは奥様の方ですよ。
ご主人様は乗り鉄の方だとか。
かく言う私も、最近鉄道模型に惹かれ始めていて、危険な状態です。

マンションの模型を収納した所


ホールベンチ

ホールベンチ

横浜市港北区 T,Tさん
2008年12月14日製作
W700 D320 H420
シュウリ桜 無垢材 指定色 ウレタン塗装

玄関に置くホールベンチ。
模型展示台と同じお宅ですが、こちらはデザイン重視の作品。
玄関に置いて靴を履く時や、荷物を置いたりする為のベンチです。
T.Tさんの微妙なニュアンスに応えるべく、ディティールにこだわってデザインしました。
脚部は、幕板と接する上部を削り込む事で、幕板と表面の位置を揃え、そこから下のテーパーを付けた脚が一段外側にズレる形にしました。
クラシカルなディティールですが、色と角の立った仕上げでモダンな印象にまとめました。
玄関のモノトーンカラーに合せて濃い色にした事で、細い格子が際立ち、繊細で凛とした存在感に仕上がりました。

繊細な格子部分


L字のカウンター収納

L字のカウンター収納

川崎市幸区 Y,Yさん
2008年12月13日製作
W1348 D724 H989
前板-ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け ウレタン塗装

Y,Yさんは、キッチンとダイニングの間にあるL型のカウンターに悩まされてきました。
L型に曲がっている上に一辺の長さも短く、家具を置くにも収まりが悪いと、使い道が有りませんでした。
そこで、オーダー家具ならこのカウンターも使い易くなるのではないかと考えました。
ポイントは、今で無駄だったカウンター下の空間にピッタリ収まる収納を作る事で、収納力をアップさせる事と、コーナーの部分はチョッとした飾りを楽しめる扇型の棚にする事です。
テーブルが間近にあるので、収納の扉は引戸を選択しました。
扇型の棚は、L型の二面の壁面で支えなければならないので、安定性を確保し難いのですが、棚ダボの一部を棚板側面に差し込む工夫により、高さ調整が出来るようにしました。
便利に使っているワゴンはそのまま利用し、収納場所をちゃんと確保しました。
Y,Yさんのイメージ通りにできました。

側面アップ


シンプルデザインのドレッサーチェスト

ドレッサーチェスト

横浜市港北区 O,Yさん
2008年11月29日製作
W1600 D410 H715
天板・前板-ウォルナット 無垢材 本体-ウォルナット 練り付け ウレタン塗装

デザインに定評のある某大手メーカーにお勤めのO.Yさん。
何処となく、以前勤めていた先の先輩に似ています。
経験豊富で仕事に厳しい先輩でしたが、聞けばやっぱり、O.Yさんもデザインのお仕事をされているとの事。
親近感と共に大プレッシャーがのし掛かってきました。
オーダー内容は、現在使っているドレッサーとチェストを一つにまとめてスッキリさせたいとの事。
希望のデザインや内容がシンプルなだけに、逆にハイレベルな難しさを感じます。
そこで今回は素材の魅力を前面に出し、全体のバランスに注意する事にしました。(余計なデザインは不要です。)
天板と前板にウォルナットの無垢材を贅沢に使用し、引き手は前板の下に手を掛けて引くフラットなデザインです。
ポイントは天板に溝を掘って、細身のフレームにデザインした鏡を立て掛けると言うシンプルな方法。
(これは、O,Yさんのアイディア)う~ん流石。

鏡置き用の溝


O.Yさんのつい立

つい立

横浜市港北区 O,Yさん
2008年11月29日製作
W940 D625 H750
ウォルナット材 ウレタン塗装

(一緒に製作した「ドレッサーチェスト」の 詳細は別記事にしました。)

もう一つは、つい立。
何の為か分ります?
冬場、階段から冷気が上がって来るのを防ぐ為の物。
使わない時は折畳んで立て掛けておきます。
生活の知恵商品。
こう言うのって、住んでみないと分りませんよね。
チェストのついでに工場に作ってもらいました。
折畳み式の障子っぽいデザインにして、ちょっとした間仕切りにも使えそうな感じです。

つい立 畳んだ所


野球選手のリビングボード

野球選手のリビングボード

横浜市港北区 T,Yさん
2008年11月25日製作
W3176 D500 H2013
ナラ 練り付け ウレタン塗装

T.Yさんは、かつて日の丸を背負って戦った事もある名キャッチャーでした。
その栄光を物語る記念品も数多く保管していましたが、最近になって、実家から早く引き取るように言われてしまいました。(チョッと切ないです)
そこで、出来るだけ圧迫感無く収納できるようにと、オーダーで家具を作る事を思いついた訳です。
希望は、「森のことば」ソファ(他社製品)のイメージに合ったスッキリして、なおかつ特徴のあるデザインです。
「何かヒネリを」と言う事でしたので、TVをオーロラビジョンに見立てて、センターバックスクリーン風に仕立てる事にしました。中央のオープン部分の鏡には、さりげなく白のカッティングシールでスコアボードを描きました。
バックスクリーンは、キャッチャーにとって一番見慣れた景色ですよね。

リビングボード正面 鏡に描いたスコアボード


子供用スリム二段ベッド

スリム二段ベッド

川崎市中原区 K,Mさん
2008年11月23日製作
W1820 D792 H1520
ナラ 無垢材 ナラ 練り付け ウレタン塗装

K.Mさんのオーダーは2人のお嬢ちゃん用のミニサイズ二段ベッド。
子供部屋を広く使う為のアイディアです。
私自身も寝台車のサイズがあれば十分なタイプなので、この考えには大賛成。
幅70cm、長さ1m70cmの布団が納まる大きさに設計しました。
二段ベッドは、上段と下段を積み重ねた形で、外れない様に柱のつなぎ目に10φの鉄棒を差し込んでいます。
更に、それぞれ板状のパーツにまで分解する事が出来るので、それぞれのヘッドボードとフットボードを交換すると、同じ形のシングルベッド二台に組み替える事もできます。
(上段の手すりは取り外しが出来ます)
こういった狙いがあるのなら、少々値が張ってもオーダーで作る価値はありますよね。
ちなみに、お布団も特注で作られたそうです、可愛い~。

特注サイズの布団


K.Mさんのダイニングセット

ダイニングテーブルセット

川崎市中原区 K,Mさん
2008年11月23日製作
W1800 D900 H700
ナラ材 ウレタン塗装

K.Mさんのオーダーはダイニングテーブルのセットです。
ダイニングテーブルはY型テーブルを少しモダンにアレンジ。
天板のエンドにテーパーを付けてシャープなシルエットに仕立てました。
サイズは1800×900。
個性の強いシープチェアーは、奥様の要望で、シンプルなブーメラン型の背板に変更しました。
6脚並べる場合なら、この方がスッキリと見易いかもしれません。
これはこれで、また綺麗ですね。
見晴らしの良いダイニングに置いてもらって、幸せそう。

ダイニングチェアー


ナラ材を贅沢に使った書棚付きデスク

書棚付きデスク

横浜市港北区 K,Hさん
2008年11月20日製作
W1450 D670 H2002
主材-ナラ 無垢材 一部練り付け ウレタン塗装

オープン当初よりお付き合い頂いているK.Hさん。
今回は上のお嬢さんに続いて、下のお嬢さん用のデスクです。
お姉ちゃんの場合より置く場所が狭い為、机の上に書棚を設けて収納力を確保しようと言うオーダーです。
両サイドには、辞書など良く使う本を立てて、中央あたりは広く使えるように小棚をコの字型にへこませました。
小棚の下には隙間があるので、本やノートを目一杯広げる事ができます。
引出しも奥行き一杯の深さにして収納力を高めました。
書棚の下段は良く使う本、上段はたまに見る本と、使い分ける事で、効率的な環境ができました。
さらに左上には、女の子らしく飾り棚もついてます。
木の質感を表現する為に、柱の前側を丸く削っています、木は削る事でその魅力を増します。
う~ん、これは使いやすそうだ。
利発そうなお嬢さんにピッタリな気がします。

机部分


オーダー家具 作例集カテゴリの最新記事