オーダー家具 作例集 13

オーダー家具 作例集 13

2008年6月から2008年11月までのオーダー家具作品をまとめた「オーダー家具作例集」13ページ目です。

このページのオススメ作品

リビングボードチェリーのテレビローボードコーナーキュリオ

チェリーのシンプルなテレビボード

チェリーのテレビローボード

横浜市金沢区 K,Aさん
2008年11月16日製作
W2000 D450 H450
シュウリ桜 練り付け チェリー色 ウレタン塗装

K.Aさんのイメージは、出来るだけシンプルで長いローボードでした。
難問は、「横長のオープンスペースに仕切を入れたくない。」との要望。
通常はTVの加重を支える為、仕切は不可欠な物ですが、あえて挑戦する事にしました。
死角になる天板の下の奥部分に板を追加して厚みを二重にし、さらに天板の裏面にスチールの鋼材を埋め込んで補強しました。
引出しは100%引き出せるレール付きで、CD・DVDソフトのラベルを上に向けて収納出来る高さになっています。
ありそうで無い2mの極シンプルなテレビボードです。

こういう仕切の無い長い空間に、あえて2~3台のデッキしか置かない所が、オ・シ・ャ・レですよね。

チェリーのテレビローボード


北欧テイストのテレビボード&書棚

北欧風TVローボード

東京都渋谷区 T,Kさん
2008年11月5日製作
W1350 D450 H550
本体-ナラ 練り付け 脚部-ナラ 無垢材 着色ウレタン塗装

T,Kさんのお仕事はプロのカメラマン。
(この写真もT.Kさんに撮ってもらいました。ラッキー!)
ご依頼の内容は、仕事柄写真集などの本が沢山あるそうで、それらを収納する為に天井高一杯までの書棚を作りたいとのご要望と、その並びに置くテレビボードも一緒に作りたいとの事です。
お部屋には、お気に入りのイージーチェアがあり、そのイメージに合うデザインを考えました。
イージーチェアはウエグナーのアンティークだそうで、美しい北欧デザインの魅力とアンティークの落ち着いた雰囲気を併せ持っています。
素材のチークは当店では扱えないので、ナラ材を近い色合いに着色して、レトロな雰囲気に仕上げました。
イージーチェアは木のフレームにクッションを載せた形で、肘や脚に丸みがあり木の魅力を味わえるデザインなので、書棚とテレビボードも丸みを持たせたデザインにする事が重要です。
しかし、書棚という家具は扉や引出が無い為、デザイン的には特徴を出し難い家具です。
そこで、書棚の方は側板の正面だけを丸く面取りした極シンプルな設計とし、テレビボードの方でデザイン性を表現する事にしました。
イージーチェアは丸脚のフレーム構造ですから、テレビボードの方も同じ様に丸脚のフレーム構造にしました。
丸脚と収納部分である本体との間に隙間を持たせるという凝った作りで、脚の丸みがより強調される様にしました。
また、中央がオープンの棚、左右が開き戸というシンプルな構成も、レトロなイメージを醸し出していると思います。
扉はプッシュオープンにして引手を省略しました。

ローボードと書棚


FAX台兼用PCデスク

FAX台兼用PCデスク

横浜市鶴見区 Y,Tさん
2008年10月19日製作
W770 D700 H720
天板・脚-ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け ウレタン塗装

お得意様のY.Tさん。
今回のオーダーは、リビングの空きスペースに置く、パソコンデスク兼FAX台です。
問題なのは、ノートパソコンを二台同時に使える広さを確保する事とプリンターの収納です。
単純に大きく作ってしまうと、存在感が在り過ぎて部屋に馴染みません。
そこで、前回お求めの丸脚サイドボードのイメージに合せて、手前は華奢な脚構造にし、壁側はプリンター収納用に箱型の構造にする事にしました。
ついでに壁のコンセントやモデムなども扉内に隠しちゃいました。
配線も隠れて、スッキリとしたパソコンコーナーが出来ました。
天板下の小棚には、操作マニュアルなどを開いておいてチラ見するのに良さそうです。

FAX台兼用PCデスク2


T.Kさんのテレビリビングボード1960

テレビボード

横浜市港北区 T,Kさん
2008年10月5日製作
W1960 D738 H1447
ナラ材 ウレタン塗装

ご常連のT.Kさん。
今回はテレビボードのオーダーです。
条件は、配線がし易い事と、ピクチャーレールを活かせる高さでスピーカーを置ける棚を付ける事です。
配線はコナー部分に三角の孔を開けて、排熱を兼ねたフタを載せました。
埃も入りにくい形です。
悩んだのは、他にも棚が多い事。
最初に作ったオープンボードも向かいに在って、逆に単調になってしまうかなと考えました。
そこで、棚の水平ラインに対して筋交いの様な斜めの柱を加えたらどうだろう?と思い付きました。
そこに、前出のS.Iさんのお話が結びついて、この個性的な棚のアイディアが閃きました。

排熱蓋 排熱孔


空中滑走路のあるリビングボード

リビングボード

横浜市金沢区 S,Iさん
2008年9月27日製作
W3461 D450 H1560
タモ 練り付け ウレタン塗装

家を新築されたS.Iさんのオーダーは、飾り棚の付いたテレビローボード兼パソコンデスクです。
さらに、他に収納場所が無い事から、アイロン台と掃除機もしまいたい。
さらにさらに、お父様から贈られた模型飛行機(ご主人様の名前にちなんでいるとか・・)を飾る場所も必要でした。
浮かんだテーマは「空中滑走路」。
右のロッカー上部に格納された飛行機が、空中に浮かんだ飾り棚の滑走路から飛び出すイメージです。
未来都市の絵に出て来そうな個性的なデザインが完成しました。
縦長のロッカーには掃除機とクイックルワイパーを収納。
左サイドはパソコンをする為の文机になっています。
文机はコスト削減の為、板材をコの字型に組んだだけの簡素な構造になっています。
その下はプリンター収納になっていて、これも板材をL字型に組んでキャスターを付けただけの構造です。

リビングボード正面 下から飾り棚を見上げる ロッカー部分の内部


ウォルナットの違い棚

ウォルナットリビングボード正面

東京都練馬区 K,Hさん
2008年9月24日製作
W1550 D470 H1921
ウォルナット 練り付け ウレタン塗装

練馬区からご依頼下さったK.Hさん。
イメージは当店得意のオリジナルリビングボードのデザインでしたが、横幅があまり広くない為バランスが難しく、デザインに修正を加えました。
少し構造を単純化した上で、デコボコ感を強調する為に、右の棚板の奥行きを左より出っ張らせてみました。
ベース部分はご主人様の計画通り、さらにwii フィットも仕舞える様に下に隙間を空けておきました。
得筆すべきは、棚にぶら下った丸時計。
もともと壁に掛けてあった時計を取り付けたいと言うご主人様のアイディアです。
時計の裏にフックを付けて、天板の溝に引っ掛けていますので、左右好きな所にズラす事ができます。
オーダー家具らしいアクセントになっていますね。
これは私には思い付かないデザインです。

ウォルナットリビングボード


ウォルナット無垢材テーブル

テーブルとローボード

東京都世田谷区 S,Hさん
2008年9月21日製作
W1600 D900 H684
ウォルナット 無垢材 ウレタン塗装

前回ローボードを製作したS,Hさん。
工場にたまたま入荷していたウォルナットの厚板を運良くゲットする事ができました。
板厚43mmのウォルナット材、一枚板の長さを二分割して接ぎ合わせたテーブルです。
板幅を均等にする為、根元の方と先の方を互い違いになる様に接ぎました。
脚は普通の四角脚に見えますが、外側の角だけ鋭角にしてシャープに見せています。
これは、「四足動物が踏ん張っているように見えるのはイヤ!」と言う奥様の要望に応えて、ちょっとだけデザインしてみました。
少し黒ずんだ感じの杢がイイ感じに表情を与えています。
中央のくびれた材を希望通りに大きさ・形に仕上げてくれた工場も流石でした。

ウォルナット無垢テーブル


シェーカー風丸テーブル

シェーカー風丸テーブル

神奈川県鎌倉市 K,Yさん
2008年9月2日製作
W900 D900 H650
バーチ 無垢材 着色 ウレタン塗装

建設会社さんの仲介で製作した丸テーブルです。
直径90cm、高さ65cmと小さなテーブルです。
小さい丸テーブルは膝の入るスペースが少ないですから、使い易くするポイントは爪先が当らないような脚形状にする事です。
そこで今回は、シェーカーの有名なキャンドルスタンドの脚形状をアレンジする方法を考えました。
シェーカーのキャンドルスタンドは3本脚ですが、この大きさでは安定性がないので4本にしました。
アーチ状のこの脚型なら中央が空いているので爪先が脚に当たる事がありません。
また、四本脚の場合は着座する時に十分に椅子を引き出さないと座れませんが、この形なら膝が脚に当たる事なくスムーズに着座する事ができます。
丸テーブルの脚としては理想的な形ではないでしょうか。
K,Yさんはステンドグラスを作っているという事でしたから、シェーカーの感じも合うんじゃないかな?

テーブル脚部


ナチュラルなキッチンボード

ナチュラルなキッチンボード

横浜市港北区 Y,Mさん
2008年8月27日製作
W500 D400 H1175
ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け ウレタン塗装

Y.Mさんは以前から自分に適したサイズのキッチンボードを探していましたが、中々希望に叶う物がみつかりませんでした。
Y.Mさんのオーダーは、幅は50cm、冷蔵庫に合わせた高さ、炊飯器が収納できて、食器も少し飾れるシンプルな形です。
とは言え、小ぶりな家具ほどシッカリとした材料を使わないと味が出ないものです。
本体も枠組み構造にするなど、ナラの無垢材をタップリ使った贅沢な一品となりました。
全体にカッチリした印象のデザインに対して、アクセントとなる引き手は、女性らしく小さな丸穴にして控え目な可愛らしさを加えました。
一人暮らし用の可愛いキッチンボードです。

スライドカウンター


スロープデザインのオーディオボード

オーディオボードと猫

東京都大田区 H.Rさん
2008年8月21日製作
W1940 D480 H692
本体-ナラ 練り付け 天板-ナラ 無垢材 ウレタン塗装

AV機器とレコードを一緒に収納したいとオーダー下さったH.Rさん。
条件は、「うわ~カッコイイ!」と思える物にする事。
クリエイティブなお仕事をされているだけあって、元々の状態も「雑然とした中にも味のある」空間で、プレッシャーを感じさせます。
ここは思い切って当店らしいデザインで勝負するしかありません。
問題は高さが70cmくらいあり、圧迫感が出そうな事。
そこで考えたのは、下部にレコードプレーヤーとレコードをしまうボックス型収納にして、上部はオーディオデッキを載せるオープンスペースにする二層構造のプランです。
下部を重く、上部は軽く見えるデザインにする事で70cm近い高さも圧迫感なくスッキリ見えます。
また、天板と地板の間をスロープ状の斜めの柱で繋ぐ事で、オリジナリティーのあるデザイン性を表現しました。
どうです、カッコイイでしょ!オーダーでこんなデザインを考えるのは当店くらいじゃないかな。

オーディオボード正面 オーディオボード側面


アンティーク家具に合わせたテレビボード

ローボードディティール

東京都大田区 Y,Rさん
2008年8月18日製作
W1600 D500 H430
天板・扉・前板-ナラ 無垢材 本体-ナラ 練り付け ラッカー塗装アンティーク仕上げ

Y,Rさんご夫妻からのご相談は深刻でした。
奥様は繊細な細工がされた様なアンティーク家具が大好きで、逆にご主人は重厚感のあるスッキリしたデザインが好みです。
好みが全く違う為、物を買う度に意見が合わず衝突が繰り返されてきたとの事です。
今回ご依頼を頂いたテレビボードとパソコンデスクも意見が対立し、解決の糸口が見つからず、何とかして欲しいとの事でした。
好みがあまりに両極端なので、双方が気に入るデザインスタイルは恐らく無いだろうなと考えました。
そこで、双方が許容できる範囲を探っていき、それらを総合する事でお互いが納得できる形を見つける事にしました。
ご主人は全体の印象が重要で、細部にはそれ程こだわらないようなので、まずは側板と天板に厚みを持たせ重厚感のある門型の構造を作りました。
更に、満足感を上げる為に天板には無垢材を使用しました。
ただ、そのままでは無骨な印象になってしまい、繊細なアンティークとは馴染みが悪いので、面を斜めに削ってシャープに見えるように加工しました、これはご主人のスッキリというイメージにも合います。
門型の内側である、扉と引出は奥様の好みに合う様にデザインしました。
クラシックな格子扉には色付きのアンティーク風ガラスを入れ、全体をラッカーのアンティーク塗装で仕上げました。
苦労しましたが、何とかお二人に何とか受け入れてもらえるデザインに到達する事ができました。

テレビローボード正面


アンティーク塗装のPCデスク

パソコン使用状態

東京都大田区 Y,Rさん
2008年8月18日製作
W660 D400 H801
ナラ 練り付け アンティーク塗装

アンティーク家具に合わせたテレビボードと一緒にご依頼のあったパソコンデスクです。
オリジナルのパソコンデスクがベースですが、引出部分を扉収納にしてモデムやご主人のノートパソコンも収納出来る様にしました。
モデムをしまっている部分の奥に部屋のコンセントがあり、そのまま使えるように裏板を切り抜いています。
開閉式の天蓋の裏には、譜面台の様に書類を立て掛けられる桟を付けました。
テレビボードと同様、シンプルなデザインが好きなご主人とアンティーク好きの奥様との対立の結果、機能性重視のパソコンデスクは、塗装と引手のツマミをアンティーク仕様にするにとどめる事にしました。
普通アンティークの表現をする時は、扉などの縁周りをクラシックな形状で面取りし、その部分を濃い色のぼかしを加える事で表現する事が多いです。
今回の様に、平坦な形態への塗装表現は難しいのですが、さすが職人さん上手く仕上げてくれました。

PCデスクの内部の様子 扉を閉じたPCデスク


和風引き手のウォルナットチェスト

ウォルナットチェストの和風引き手

横浜市神奈川区 O,Sさん
2008年7月28日製作
W1200 D420 H700
ウォルナット 練り付け ウレタン塗装

前回ウォルナットのローボードを作らせて頂いたO,Sさんより、寝室に置くローチェストのご依頼がありました。
奥様からは、寝室のインテリアは和風テイストに纏めたいとのご要望があり、実験的な提案がありました。
そのアイディアは、素材にローボードと同じウォルナットを使う事でモダンなデザインと質感を表現しつつ、そこに和金物の引手を合わせると言うものです。
私の経験の中でも行った事のないパターンでしたので、面白い試みです。
しかし、最近はモダンな金具が全盛で、和風の引手金具はメーカーでも扱う種類が減った感があります。
そんな中、装飾性が少なくあっさりした感じの引手金具を見つける事が出来、これをウォルナットに合わせる事にしました。
実験の結果はご覧の通り大成功でした。
ウォルナットの洋風な木目に、和金物の渋い黒がバランス良く光っています。
現代和風のデザインで、品のあるチェストになりました。

ウォルナットチェスト正面


クラフト感のあるテレビ台

テレビ台

川崎市中原区 F,Rさん
2008年7月10日製作
W1200 D472 H660
天板・脚部・前板-ナラ 無垢材 本体一部-ナラ 練り付け ウレタン塗装

タワーマンションにお住まいのF.Rさん。
ダイニングテーブルを囲む全員が見やすいように配置されたテレビ台の依頼です。
お使いのテーブルがクラフト感の強いデザインなので、それに合ったデザインを考えるのがテーマでした。
オリジナルローボードのイメージを原型にしていますが、テーブルに合わせた高さ設定の為、高さに合う違うデザインが必要でした。
天板に食い込む形でスマートな丸脚を強調し、中の空間に引き出しの箱を浮かせた、斬新なデザインです。
小振りながら、材料と手間を掛けた贅沢な一品。
他には無いデザインをご希望だったF.Rさんにも、ご満足頂ける出来栄えでした。

斜め上から見たテレビ台


クールなコーナーキュリオ

コーナーキュリオ

横浜市神奈川区 S,Yさん
2008年6月29日製作
W850 D491 H1400
ナラ 練り付け ウレタン塗装

前回リビングボードを作らせて頂いたS.Yさん。
奥様のご要望でダイニングのコーナーに、キュリオケースを作る事にしました。
しかし、動線を考えると、かなり厳しいスペースです。
ギリギリ最大の寸法を採って、三角定規みたいな形になっちゃいます。
このスペースで「何か面白く。」と言うまた難しい御注文でした。
前回がベイエリアにちなんで、港のドックをイメージしたリビングボードだったので、今回は船の舳先をイメージしてみました。
(壁から船が突き出てきた~みたいな感じです。)
尖った棚にも小物などが飾れます。
控えめな華やかさが、ダイニングにピッタリマッチしていました。

正面から見たキュリオ


 

オーダー家具 作例集カテゴリの最新記事