リビングボード 作品集 2006年9月~2004年

リビングボード 作品集 2006年9月~2004年

木とホワイトのコンビネーション

リビングボード

W1882 D500 H2034
本体-合板 扉部-ナラ 無垢材 ウレタン塗装
川崎市中原区  K,M.邸
2006年9月22日製作

K,Mさんはテレビボードの購入を考え、市販品を検討されていましたが、どうもしっくりときません。
と言うのも、K,Mさんのリビングルームは天井が吹き抜けで高くなっており、既成の家具では壁が余って上手くバランスが取れないのです。
思いあぐねて、当店に相談に来られた訳です。
とは言え、遥かに手が届かない様な高さの家具を作っても、異様ですし圧迫感になります。
それに、幅が1900弱と限られていますから、家具自体のバランスも悪くなってしまいます。
ですから、高さに関しては隣室への開口部の高さに合わせるのがベストだろうと考えました。
そして、天井高とのバランスを取る解決策として、家具本体を壁と同じ白色にする事で、家具自体の存在感を希薄にしてしまう方法を思い付きました。
白色にする事で家具と壁の境目が曖昧になるので、家具と家が一体化したように見せる事が出来ます。
更に、ダークオーク色の扉とオープン空間を市松模様に配置する事でリズム感を作り、徐々に天井空間へとつながって行くイメージを作り出しました。
白とダークオークのコンビネーションが冴えて、かなりモダンな作品となりました。
「ダークな色合いが好きだけど、部屋が重く見えるのはイヤ」と言う場合にも有効な手方だと思いますよ。

扉を開けた状態


A.HさんのAVボード

AVボード

W1450 D460 H1524
ナラ材 ウレタン塗装
東京都町田市  A,H邸
2006年3月27日製作

インターネットで見つけて依頼しに来て下さったA.Hさん。
K.Tさんタイプが気に入られていたのですが、あまり場所も取りたくないと言うことで、全体のバランスを取るのが難しかったです。
シンメトリーにはせず、右側をあえて壁に着け、左側に立体感を持たせて、魅力を出すようにしました。
色も他の家具とマッチして、落ち着いた色に仕上がりました。

AVボード


ウォルナットのAVリビングボード

AVリビングボード

W1700 D450 H1370
本体-ウォルナット 練り付け カウンター天板-ウォルナット 無垢材 ウレタン塗装
川崎市中原区  T,H邸
2005年6月4日製作

T,Hさんのオーダーはリビングの壁面に置くAVリビングボードです。
T,Hさんが悩んでいたのは、
① 両サイドにスピーカーを設置するスペースを確保する。
② オーディオ機器6台を収納する。
③ CDやDVDソフトも収納する。
④ 既存のピクチャーレールを活かして絵を飾りたいので、その分の壁も確保する。
⑤ 中央に新しいテレビを設置する。
これらの条件を満たしながら格好良いリビングボードにするにはどうしたら良いのか?
壁面幅からスピーカーの設置スペースを除くと、テレビ台部分はオーディオの収納で一杯になり、CDやDVDソフトを収納する余裕はありません。
とはいえ、上には絵を飾るので、背を高くする事もできません。
そこで、テレビの横と、絵までの僅かなスペースに、ソフト関係を収納する事にしました。
この条件で格好良く見えるデザインを考えました。
オーディオ機器はテレビ台部分を三列に分けて収納し、三枚扉の引戸にしました。
中央のみガラス引き戸で左右は板戸です。
(左右の板戸はリモコンが利きませんが、引戸なので使う時は開けっ放しにする事が出来ます)
テレビ台部分はこの三枚の引戸を天板と地板で挟む形になりますが、テレビの上に設けるCD収納も、このテレビ台の相似形の引戸にする事でデザイン的なまとまりを作りました。
テレビの横部分は、CD・DVD収納です。
奥行きの薄い開き扉で、壁っぽく見せる事で、上下の相似形を引き立てるようにしました。
ウォルナットの木目が美しいリビングボードができました。

AVリビングボード


N.Kさんのテレビリビング

コーナーテレビ台付きリビングボード

W2740 D823 H1172
ナラ材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  N,K邸
2005年4月2日製作

壁のピクチャーレールを活かして額絵を飾りたい、との希望をお持ちだったN.KさんのTVリビングは、低めの仕様です。
将来TVを買換えた場合を想定し、コーナー部分を手直しする事で、一直線にする事もできるようにしてあります。


B.Tさんのテレビリビング

リビングボード

W2212 D450 H1670
ナラ材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  B,T邸
2005年3月16日製作

リビングとダイニングがカギ型に分かれているため、以外に広さを感じず、TV台と飾り棚を置きたいものの、どの様に置くか迷っていたB.Tさんご夫妻。
当店得意のリビングスタイルで悩みも解消。さわやかなリビングになりました。
壁のスイッチ類もギリギリかわしています。


H.Sさんのリビングボードユニット

リビングボードユニット

テレビボード   W1632 D450 H482
チェスト     W654 D450 H680
パソコンデスク  W654 D450 H870
サイドボード   W1655 D450 H870
ナラ材 ウレタン塗装
神奈川県横浜市  H,S邸
2004年12月30日製作

一続きのローボードカウンターをイメージしていたご主人様と、収納力があって、たまに配置換えもしたい奥様。お二人の気持ちをまとめた、苦心作。
背の高いサイドボードから低いTV台までを階段状にまとめたプランです。
TVの台はご主人様のアイデアで角度を変えられるようにしました。又、場所が変わっても良いように、左右付け替えが出来るように設計してあります。

テレビボードユニット


コーナーのあるリビングボード

コーナーのあるリビングボード

W2400 D870 H1814
ナラ 練り付け ウレタン塗装
横浜市港北区  Y,K邸
2004年3月13日製作

Y,Kさんは中古住宅を購入してリフォームされました。
広いリビングに合わせて家具もオーダーで作る事にしました。
アルバムの仕舞える収納と、飾り物を楽しめるオープンの飾り棚、さらにコーナーにはテレビを置きたいというのがY,Kさんの希望です。
基本的なデザインは、お店で見て気に入って頂いたオリジナルのリビングボードがベースで、コーナーにテレビを載せらる様にアレンジしました。
収納部分にしまうアルバムは通常の本や雑誌よりサイズが大きいので、設計する場合は注意が必要です。
今回は、高さで370mm、奥行きで398mmの内寸を確保しました。
テレビを載せるコーナー部分の角度は、ソファから見やすくなるように25度で作りました。
センスのある奥様なので、写真を撮る際パパッとコーディネートして下さいました。

オープンしたての頃の作品です、この頃はまだテレビもブラウン管が普通でした。
時代の移り変わりが早いですね。

コーナーのあるリビングボード

リビングボードカテゴリの最新記事