工場レポート

工場レポート

工場レポート
2008,1,7

カーヴァーウッドクラブの家具は、
この様な所で作られています。

工場の外観 工場の看板

久しぶりの里帰りで、工場を訪ねてきました。
旭川空港近くの東川町近辺にあります。
最近は「写真の町」としても知られるようになってきました。
この日は、空も晴れ渡り、雪の白さが眩しいです。
空が広いですね~。

樹工房の川辺社長は、私が以前勤めていた家具メーカーで常務をしていた方です。
工房の設立当初は農家の納屋を借りて家具を作っていましたが、ずいぶん立派な工場になりました。

工場内の様子
「加工場の様子」
かなり広々しています。
これくらい広いと部材の取り回しも楽にできます。
狭いと加工途中で周りにぶつけて傷を付けてしまいますので、
品質には重要な事です。
工場内の様子
「なにやらスゴイ機械を発見!」
やたら大きな横切りの機械に、
デジタルカウンターが付いています。
どうやら、数字の打ち込みで角度の調節が出来るようです。
留め加工の様に角度のついた加工は、
実に精度を要求されるものですが、
それを簡単かつ正確に加工出来る優れものです。
カッコイイ~!
パネルソー
「パネルソー」
大きな合板などを垂直に裁断する機械。
正確に家具を作る為には、基本の機械です。
さまざまな要望に応える為には、
腕だけじゃなく設備も必要なのです。
昇降盤
オーダー家具の製作は毎日が新たな挑戦。
部材ひとつもおろそかに出来ません。
確認をしながら慎重に進めていきます。
加工用の冶具の山
壁の棚には、加工用冶具が山積み。
冶具とは、部材を思い通りの形に加工
する為の型枠の事です。
さすが!呆れるほどあります。
それだけ難しい仕事をしていると言う事で、
技術力の証しです。
組み立て現場の風景
組立て場の風景
色々な機械が並ぶ加工場と比べると、だいぶスッキリとしています。
ここも広いですね。ゆったりと仕事できます。
この辺に来ると、機械の音も小さくなってチョッとホッとします。
塗装場の様子
塗装作業の様子
塗装には塗装専門の職人さんがいます。
ムラ無く自然な仕上がりを実現するには、
経験と技術が必要です。
写真は、エアで霧状にした塗料を吹き付けている様子です。
自然な光で色合いを確認しながら丁寧に塗っていきます。
左端の四角い箱は塗装ブースで、
余分な塗料を吸い込む仕組みです。
社長さま写真
「どーだ!」とばかりに立派な腹を自慢している、こちらが川辺社長。
木工に関する経験と知識が豊富です。
合わせて、卓越したデザインセンスを合わせ持つ稀な方。
こういう方は中々いません。
安原さん
現場を仕切る、笑顔の安原さん。
以前の会社からのお付き合いです。
カーヴァーウッドクラブの無理な注文に、
快く応じてくれるのも、気心が知れていればこそ。
頼りにしてます。

 

未分類カテゴリの最新記事